未分類

『もっと他にニュースはないのか』の最たるもの…

投稿日:

 

プロ野球選手の契約更改とかニュースか?

バカバカしいニュースの最たるものはプロ野球選手の契約更改だと思うがどうだろう。
例えばNHKなら7時の大切なニュースの時間に言わなきゃならんことだろうか。

一昨日も広島カープの鈴木誠也選手(24)がマツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、7000万円アップの年俸1億6000万円でサインしたーと報じていた。

そしてこれが何と7時のニュースの真ん中あたりでやったからビックリした。
確かに広島の主砲だ。広島の一部のファンは興味あるかもしれないが、新聞なら1面に当たる7時のニュースで扱うほどのものなのか?

今、そんなにニュースがないのか?

ゴーン会長と検察の暗闘は?韓国駆逐艦の自衛隊機レーダー照射は?北方領土は?いっぱい大切なニュースがあるじゃないか。

これらと若い広島の選手の契約更改を同等に扱うNHKの報道の意図が全く読めなかった。

まあ、報道岩田明子女史の"安倍さん凄い"的なニュースよりはマシかもしれないが…

いやいや、やはりNHKニュースの劣化のひとつの証明のような気がした『鈴木誠也契約更改』だった。

他の民放もしかり。野球選手の契約更改のニュースをするなと言う訳じゃない。せいぜいスポーツコーナーでいいんじゃないか。
それも日本選手で最高額となったとか、どのチームでトップになったとか、2年目で150%アップとか、そんなケースだけでいいんじゃないのかと思う。

わずか2〜3分のことでも大切な報道の時間が削られ、ますます強い者への忖度報道が跋扈していく、、、かつての記者としてそんな危機感を感じている。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.