未分類

『アラミス』はなんて芳醇な香りなんだろうか

投稿日:

 

自分でも酔うアラミスの芳醇な香り

夏はコロンの季節です。私は自分で言うのもなんですが、未だに加齢臭もなく、爽やかそのものです。

それでもこの季節になるとここ四半世紀はお気に入りのアラミスを毎朝。この香りは自分も好きなんですが、女性にも好評の香りのようですね。

 

以前びっくりしたのは全然親しくもない女性が、『あ〜、この香り大好き!』と言いながら、私の首に突然、自分の鼻を1㎝まで近づけクンクンされたから、かなり焦りました。

女性も我に返って慌てて離れましたが、『昔の彼氏がつけていた懐かしい匂い』と、釈明されました。

ムスク系は女性にモテるのか?

この時期になると女性にモテる香りみたいなコロンのネット広告もよく出ています。

思い出すのはもう20年も昔、よく雑誌に"この香りで狙った彼女はイチコロ"みたいな男性用コロンの広告がよく出ていました。
そのコロンをつけた途端、いかにモテ男に変身したかの体験談も。確か9800円だったような記憶があります。

まさかこんな広告に乗せられて買うヤツいるのか?と疑問でしたが、ある社長さん2人と喫茶店に行ったらポケットからこの商品が出てきたからビックリ。
何でも2人で相談しつけることを決め、通販で購入し、ひとりの会社宛てに2個送ってもらったとか。

匂わせてもらったら典型的なムスク系の匂い。ムスクは麝香系の香りで元々、動物がメスを誘う香りと言われています。

社長さん2人は夜の街に出動の時は必ずつけたようですが、その後"戦果"は特になかったようです。
ムスク系は甘く良い匂いなんですが、それはずいぶんと安っぽい匂いだったような。

ちなみに付き合ってもいない女性に香水のプレゼントはNOとか。好みでない香りだと、トイレの芳香剤がわりにされます。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.