未分類

『王子様』の改名、もったいないなぁ。選挙なら楽勝のケースだよ

投稿日:

 

『王子様』改名に迅速対応だった裁判所

改名は大変だと聞いたことがある。ただ単に気に入らないとか、画数が悪いとかでの改名はまず裁判所は認めてくれない。
近所に同姓同名がいて郵便物の誤配が頻発するとか、合理的な理由がないとまず無理だと言われる。

どうしても改名したい場合には自分の気に入った通名を決め、正式な書類以外はその名前を使い続ける。そしてそれが世間的に定着した場合は可能なようだ。

しかしそれも10年、20年かかるという。友人で改名できた人がいるが、やはり裁判所で認められ、戸籍変更まで10数年、かかっていた。

しかしこの度の山梨県内に住む『王子様』という名前の18才の青年は、2月に甲府家庭裁判所に改名の申し立てをし早くも今月、認められたから、迅速な対応にびっくりした。

理由としてら青年は 『みじめな思いをした経験がある。これからの長い人生でこのようなことが起こらないように」

と書いたが、裁判官も直ぐに理解してくれたんだろう。

 

改名を報じる地元紙

お母さんが私の『王子様』の思い込め

なんでも『王子様』は子どもの時からこの名前が嫌で嫌で、高校卒業と同時に改名の戸籍変更を申し立て、最短で認められたようだ。

友だちにからかわれたり、書類に署名した時、『本名ですか?』と言われたり。知らない人に笑われたり。この名前で苦労したことはいっぱいあったとか。

本人も公表しているが『赤池王子様』が、『赤池肇』さんに生まれ変わった。これから新たにスタートという意味で肇にしたとか。

元々、王子様はお母さんがひとりで決め届けたとか。気をてらったキラキラネームじゃなく、お母さんが、
『この子は私の唯一無二の王子様なんだ!』

との思いを込めたとか。
改名は父親らは喜んでくれたが、お母さんは残念そうだったという。

王子様のインパクト、選挙なら楽勝のケース

ところで、選挙で苦しんだものとしてはこの『王子様』むちゃくちゃ羨ましい名前ではあります。
インパクトが半端ないし、恐らく都市部での市議、区議クラスならこの名前だけで当確だったと確信します。しかし、若くないと無理か⁈

小沢一郎氏の父親が小沢さんが生まれた時、自分の跡を継ぎ代議士になるんだから、わかり易い名前をと一郎とつけたくらいだから、やはり選挙向けの名前はあるのかも。

私も改名し『森本 王子様』でもういっぺんやってみようかな?(爆)

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.