未分類

『ETCを使わないクルマは100%不倫カップル』は本当か⁈

投稿日:

ETCの明細で不倫がバレることがあるらしい

友人が奥さんに不倫がバレて大騒ぎになったことがある。内緒で不倫相手とクルマで遠出したのがバレ、追及されたのだ。

何故バレたのか?ドライブで高速を走りETCを使うと、後になってクレジットカードでの高速料金引き落としの明細が自宅に送られてくる。

この友人に届いたETC明細を奥さんがチェックして発覚したようだ
明細には乗り降りしたインターの名称が入るが、奥さんがダンナの不審な行き先を追及し、バレたのだ。

確かに突然、『鳴門ー倉敷』『鳴門ー京都南』などの明細がきたら奥さんは不審に思って当然だ。

ETCゲートをくぐらないクルマは不倫カップルが乗車?

ツイッターの投稿に

"ETCがあるはずの高級車が、ETCのゲートを通過せず、自分で通行カードを抜く一般ゲートを通過するケースがある。これは必ず助手席に女性が座っており、ほぼ100%不倫関係だろう"

と、あった。

不倫相手との秘密の行き先が、友人のように後で明細でバレないようにするための、涙ぐましい努力だということか。高級車云々は関係なく、確かにその確率はたかいかも。

夫のの走行距離をチェックする女性、GPSで御用のダンナ

しかし私の知り合いの女性だがダンナが挙動不審の時は、クルマの走行メーターをチェックするという人もいる。
ダンナが出かける時、行き先を聞いてみて、その申告した目的地より遥かに長い距離を走りメーターが回っていたらウソだということ。

ウソをついて外出することがおかしいとのことだろう。これも私の親友だがだが、スマホのGPS機能で現行犯で御用となったヤツもいた。

しかし探偵みたいな奥さんを持つと、ダンナも苦労するようで。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.