未分類

あえて今、日大生にエールを送りたい。熱い時代をもう一度

更新日:


日大ファンは多い


最近、何人か寄ると日大の話題が多い。アメフト部の一連の流れからの批判ばかりですが、私は実は日大ファンのひとりです。

今回の件も内田監督、井上コーチ。真打登場かと期待させながら会見でも事態の好転なく、さらにイメージダウンさせた大塚学長、そして顰蹙買いまくりだった上から目線の司会のおっさん

これがなんと共同通信論説委員長の元超エリート記者という。

次々と繰り出すメンバー、いずれもこれだけのキャラが立った大学ってあるだろうか?

あと、超大物暴力団組長とツーショット写真で有名になった相撲のワンマン田中理事長がトリで登場したら、凄まじいものになるはずだ。

田中理事長と大塚学長

広報米倉顧問と内田監督

例えば青山学院や上智大学、いくら人気があっても、これだけの役者は揃えられまい。早慶しかり!

忘れない 日大全共闘の闘い


実は日大にはその昔、熱い思い出がある。大学経営陣の乱脈経理、莫大な使途不明金。ついに日大に集う団塊の世代が日大全共闘を結成して立ち上がり、日大闘争という激しい闘いとなった。

僕らはまだ高1くらいだったが、テレビで日大闘争を見た。英雄秋田明大委員長のカリスマ性あふれるアジ演説は、テレビを通してもワクワクしたもんだ。そして全共闘の運動は全国の大学に広がっていった。

そんな訳で日大危機の時は必ず経営陣を正す学生たちの正義のチカラが働くはずだ。

日大の志願者は増える


来年の春、日大志願者は増えるか否か。わたしは減らない、激増といかなくても増えるのは確実とみる。特に危機管理学部は相当、増えるとみている。今の混乱はまさに日大のエネルギーとして、プラスに働くだろう。

アメフト部は監督、今のコーチ陣を一掃、新しい指導者をOBから集め、再スタートすべき。もちろん、宮川君も。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.