未分類

いい加減な制度露呈!共通試験から国語と数学の記述問題も見送れ

投稿日:

全ては文部科学大臣萩生田光一氏の『身の丈』発言のおかげだ。この御仁の思慮の無いひとことが愚策を潰し、たくさんの受験生を逆に救うことになったから、それはそれで結果オーライか⁈

英語に続き、国語、数学も記述式導入を断念か⁈

2020年度からスタートの『大学入学共通テスト』。英語民間試験導入に続き、国語と数学の一部でも導入が予定されている記述式問題が、英語同様、見送られる可能性が高くなってきた。

政府や文科省がきちん関係者や受験生の声を聴いたからじゃない。いかに制度そのものが不備があり、デタラメな状態でスタートしかかっていたということではないのか。

そもそもなぜ問題のなかった大学入試センター試験をやめて共通テストに変え、準備不足の中、慌ててスタートする必要があったのか。

萩生田文科大臣の身の丈発言が大きな波紋を

まず英語については民間英語試験の導入を予定していたものの、全国の受験生や大学などが強く反発。
採用する試験が7種類と多く公平でないうえ、受験料の高額さ、地方では受験できない試験も多かった。

当然のように豊かでない家庭の子や、地方の受験生は不利になる、などの否定的な声があふれ、国会にも届いた。

この渦中、こうした批判に対し萩生田が『自分の身の丈に合ったやり方を』などと発言。家庭の貧富の差や地域差は仕方がないと言わんばかりの発言と捉えられ、さらに反対に火がついた。
そして間もなく延期発表に。

国語、数学の記述問題導入はもっと大きな問題が

そして英語以外にも燻っていたのは国語、数学への一部記述問題の導入だ。
私はこれこそ、英語民間試験より酷いと見ていた。

共通テストの受験予定者は約50万人。この答案を僅かの期間で採点するのだ。
そしてそれをベネッセが61億円で請け負っている。できるのか?
採点はなんと学生アルバイトも含めて8000〜1万人でやるという。想定期間は20日間だった。

採点者は全員が全く同じレベルなのか。普通こんなことは不可能だ。ベネッセが完璧にできなければできる業者は恐らくどこもない。

この段階で国数への記述問題導入は止めなければならないが、何故か押し切った。
文科省か政治家か、あるいは業者らか。彼らのいろんな思惑も噂される。

採点者によって採点の誤差は許される訳がない

採点者が100%同じレベルでなければ記述式は当然、点数に誤差がでる。1点を争う入試でそれは許されない。
これに対し萩生田氏は、「採点ミスをゼロにすることは難しい」との見方を示した。極めて無責任だ。

そしてマークシートならほぼ100%の自己採点ができた。記述式ではこれも難しい。自己採点が完全でないと、志望校がキチンと定まらない。これも問題だ。

入試問題は基本、各大学が作るべきた。東大など難関校はこれまでも大学独自の問題を作り、独自試験の傾斜配分を圧倒的に高くした。センターは易し過ぎ、本当の学力が測れないからだ。

しかし多くの国公立大学がセンターを重視、これで合否が決まる大学も多かった。だから採点による誤差など例え1点でもあってはならないのだ。

当たり前みたいに当の受験生が翻弄されてきた大学入試制度を、根本から見直すときがきている。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.