未分類

いくら超エリート夫でも別れた方がいいと思うゾ、小川彩佳さん

投稿日:

TBSテレビNews23の小川彩佳を、テレビ朝日の報道ステーション時代から応援している。その小川彩佳がエリート夫のゲス不倫でいま大変な目に遭っているようだ

報ステ外されたあと、世間の耳目を集めた結婚だったが…

理不尽な目に遭い、報ステを外されたあとは、電撃的にTBSに移籍し、看板の報道番組のキャスターに収まったのはテレ朝に対し、ファンとしても小気味良かった。

また一時は結婚の噂をされた桜井翔と別れ、超エリートの医師であり医療ベンチャー企業経営の豊田剛一郎氏と、これまた電撃的に結婚した時は、芸能人などと一緒にならなくて良かったと、思ったものだ。

しかし男運が悪いんだろうか。結婚3年目。子どももできて幸せで充実しているはずの最中、ダンナの不倫が彼女を襲っている。

東大卒で医師、企業家、超エリート夫のゲス不倫か?

東大出のドクターで会社を経営し、カネは唸るほど持ってたら女の1人や2人、驚きもしないが、どうやら人間として許し難い不倫のようだ。

何でもダンナは小川との結婚前から愛人と付き合っており、結婚後もずっと続いていた。2人の愛の巣であるマンションまで借り、小川と結婚後も週に3日は一緒にいたと。

そして小川が産休が明け仕事復帰するなり、愛人と沖縄旅行に行った…まあ、こんなところだ。
もっと凄い話しはいっぱいあるだろう、恐らく。

愛人女性…なぜロングインタビューなどするんだろう

全く解せんのは、その愛人女性が不倫を週刊文春に報じられるや、今度は全く別の媒体、『NEWSポストセブン』でロングインタビューに長々と詳しく答えていることだ。

私の本意では無いとほのめかしながら、告白はずいぶんと詳しいのだ。
小川彩佳からも愛人に電話があり色々、質問されたなどと週刊誌に説明されたら小川にとってこれ以上の屈辱はないだろう。

結婚後は"ダンナと愛人は肉体関係はなかったことにしよう"と口裏合わせをしていたことまで告白しているから、いったい何が目的なんだろうと、普通は考える。

これだけプライドを踏みにじられたら離婚しかない

完全に騙されての結婚だったと思う。夫は恐らく再構築を考えているのだろう。会社の代表を辞任し、総額16億円ものストックオプションも放棄したという。
果たしてこれが反省の意思表示か否かはよくわからない。

キャスターでもあり、ジャーナリストてもある小川彩佳にしたら、この時期、ドクターでもある夫のこうした行動は許せないだろう。

彼女の父親も慶応義塾大学医学部の教授であり、同じドクターだ。娘の夫の不誠実さにかなり怒っているはずだ。

こんなできの悪い夫はこの際、キッパリ捨てる方がいいだろう。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.