未分類

いよいよセンター試験、体調だけは万全に。頑張るしかない!

投稿日:

 

体調管理も試験のうち。1点でも貪欲に

いよいよ今週末からセンター試験ですね。ここまできたら体調だけは万全に、勝負に臨んで欲しいと思います。

 

科目の勉強については今更という人もいますが、とんでもない。

例えばアスリートたちは1日練習を休んでしまうと、落ちた筋肉を取り戻すのに何日かかかると言います。
プロ野球でもナイターのある試合当日でも練習はあります。

そういう意味では脳も同じではないでしょうか。社会科目を見直したり、英単語、構文を確認したり、数学の基本的な問題を解いたり、最後の最後まで脳トレと悪あがきをしましょう。
試験の神さまは必ず見てくれるています。

 

眠れなくても焦らない

風邪への注意はもちろん、食べ物も気をつけて。特に風邪気味の時はお腹にくるので生ものは絶対、やめましょう。
夜は早めに寝るのがいいんだろうけど、いつもと違うことはしない方が良いかも。焦って眠れず、普段より短い睡眠になってしまう可能性もあります。
とにかく睡眠は大切ですが、焦る方が良くないので気にせずに。

ミスは大敵。細心の注意を

いわゆる旧帝と言われる難関大学などは本試験が勝負。足切りだけはされないように気をつけてください。
あと、大半の国公立はセンターで半分以上は勝負が決まるのかな。
1点でも貪欲に取り、本試験の志望変えなどないように頑張ろう。

あと、私立大学も大半がセンターでの出願はできます。6大学クラスになると一般入試よりかなり難関ですが、良い点数を取っておけば結構、人気のある大学もセンターだけで合格です。
滑り止めはセンターでやりつけるくらいのつもりでいきましょう。

あと、マークシートは分からない問題を後回しにすると、1つずつずれて全滅するケースはよくあります。マークするたびにチェックを。
あとマーク用の濃く太めのシャープ、鉛筆、消しゴムを忘れずに。

試験会場内の音、隣や前の貧乏揺すり、イラつくこともありますが、全て許すつもりで心穏やかに。これだけで10%くらいは点数アップするかもしれません。

ではでは、皆さんの健闘を心からお祈りいたします。

 

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.