未分類

いよいよ特捜部事情聴取。シンパも加速する安倍離れと手のひら返し

投稿日:

東京地検による安倍前首相の桜を見る会前夜祭の、疑惑の捜査が進むにつれ、見事なくらい"安倍離れ"が加速している。安倍シンパらの見事な手のひら返しにこちらが気恥ずかしくなるくらいだ。そして東京地検特捜部がいよいよ事情聴取へ。

桜疑惑報道、安倍シンパの読売とNHKが先頭の不思議

総理在任中は安倍さんへの忖度報道が目に余った読売新聞とNHKなど、何故か最先頭に立ち桜疑惑を追及している。

総理退任後はなかなか安倍さんに厳しいNHK

検察か、あるいは官邸か。露骨なリークの臭いがプンプンするが、一体どうしたことかと笑うしかない。
NHKは今こそ安倍忖度報道の申し子、岩田明子女史に解説してもらいたいものだ。

また安倍さんの広報マン・腰巾着と化し、世間の顰蹙のマトだった政治ジャーナリストの田崎史郎氏などは『秘書のせいにしてはいけない。国会で答弁したのはご自身。ケジメをつけるべき』とまで言い放った。

まあ、正論だが田崎スシローとまで揶揄された彼の人間性を見せてもらった思いだ。

橋下徹氏は事実なら議員辞職もやむなしと

まさか!とさらにびっくりは、安倍親衛隊だった日本維新の会にあって、安倍さんと極めて深い関係だった橋下徹氏。同情しつつも「これが事実なら、残念だけど議員辞職もやむなしだと思ってます」とコメントしたのだ。

もちろん自民党内でも石破茂氏は当然だが、野田聖子、岸田両氏も声高に説明責任を言っている。

国会の場で自身の桜を見る会疑惑に対し30回余も大うそをついたのだから、当然の意見だが、石破さん以外の連中にはなぜあの時に正論を吐かなかったんだと思う。

権力を失うとは結局こういうことなんだが、7年8ヶ月も総理大臣をしてあまりに悲しいとは思う。
繋がりが心と心の固い絆ではなかったんだろう。

安倍離れの裏には菅官邸の存在が見え隠れする

あと巷で言われているように、ここにきての検察の捜査情報が一部メディア、それも読売やNHKに筒抜けなのは、当然、官邸が噛んでいると言われているが、本当だろうか。

菅首相の初の会見では東京地検の捜査が続いている、安倍前首相の桜を見る会前夜祭疑惑についても質問があったが『官房長官時代、安倍前総理に関する質問は、ご本人に確認して答えていた』と、説明した。

菅首相の初の本格的な記者会見

それを知っているのだろう。田崎史郎氏などは明らかに菅首相に尻尾を振っている。

NHKなどはすでに安倍じゃなく菅忖度報道に切り替わったのは、ニュースを観るだけでバカでも分かるだろう。

ご本人も有頂天だったであろう再々登板などの話しは完全に消え、政界引退まで囁かれ始めた。これが政治の世界の現実なのだ。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.