未分類

この程度でパワハラ認定され処分とはトホホやな…徳島県警

投稿日:

この新聞記事を読みえっ⁈と思って、2〜3回読み返した。自分が若い時に先輩にされたのはもっとハードだったし、私が後輩にしたこともこんなものじゃ……
やはり今ならパワハラになるんだろうか。いや、当時を思い出してもその感覚は全くないが…

先輩警官が後輩を誘いパワハラ認定された徳島県警

先輩警官が後輩を飲食に誘いパワハラ認定とは

徳島県警のある警察署で、20代の先輩警察官が後輩警察官に無理矢理食事に誘ったなどがパワハラ認定され、本部長訓戒処分となっていたことが、徳島新聞の報道で分かった。

まあ、懲戒処分じゃなく内部処分だから大したことはない。内部処分では一番、重いと言ってもお灸をすえられた程度だろう。

記事によればこの警察官は5月から7月にかけ10数回、同じ警察署に勤務する後輩警察官3人に飲食を強要。勤務時間外に外食に同行させた。

また勤務時間中の食事の直後『食え』と、カップ麺を食べさせたという。
1人は体型もからかわれたという。

われら世代はパワハラへの感覚がズレている?

うーむ…パワハラかこれ?
どこが?と考える自分は感覚がズレているのだろうか。

最近、巷でよく言われるのは、サラリーマンの場合、同僚とはつるむが先輩に飲食を誘われることをひじょうに嫌うということだ。
縦の繋がりがひじょうに希薄になっているんだろう。嫌なものは仕方がない。

この記事では警察官たちのこれ以上の人間関係の深さは分からないが、警察の仕事は1人じゃできない。チームワークがあってこそ。

処分された先輩警察官を庇う訳ではないが、後輩とのコミュニケーションを求めたのかもしれない。

今、考えれば壮絶なパワハラだが、楽しかったからよし

でも3か月に10数回って、月に4〜5回か。少ない。私のサツ回りの頃は週に6回、月に25回は先輩に付き合わされた。毎晩?毎朝?午前3時半が解散時刻だった。
しかし同じ年齢の連中と遊ぶより、遥かに楽しかったのは確かだ。

このほか

ラブホに先輩の忘れ物を取りに行く/クラブ勤めの先輩の彼女と突然、同伴出勤を強要される/39°3分の熱でも容赦なく事件の張り込身を強要/大晦日と元日が必ずしも宿直…などなど。

今なら大騒ぎかもしれないが、先輩から与えられたものの方が、100倍は大きかった。
まあ、ロートルから言わせてもらえば世知辛い時代だと思う。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.