未分類

こんなのあり?卓球世界選手権途中、突然の南北合同チームって…

投稿日:

思わず『こんなことありかい?』と思った。スウェーデンで開かれている卓球世界選手権女子。準決勝で日本と戦うのは"韓国か北朝鮮の勝った方"…のはずだったが、、、

大会途中の南北合同チーム


それが『南北はもう戦わない。だから合同チームで日本とやります』ーと。それもなんと前日に突然!親睦大会じゃない、世界選手権ですよ!

本来の韓国と北朝鮮チーム、ともにメダルを狙える強豪。1試合をパスしての準決勝進出ー。何故かこれを主催者の国際卓球連盟も認め、急遽、昨日の準決勝は日本は南北合同チームと戦わなければならないことに。

キャプテン石川の思い


さぞ複雑な思いでビッグゲームに臨んだであろう日本チームは、3ー0のストレート勝ちで決勝進出。良くやった!

しかし合同チームの北朝鮮選手に壮絶なマッチポイントの末、勝利した石川佳純は何度も泣いた。若いチームを引っ張るいつも冷静な石川佳純だ。テレビで観ていて痛いほど気持ちが理解できた。

完全なスポーツの政治利用だ


当然、つい先日の歴史的な南北首脳会談の熱と興奮覚めやらぬまま、急遽、決まったことなんだろう。両国が南北融和向け、真剣に突き進んでいるのがみてとれる。

しかしいつか南北が統一されても、今は2国は全く別の国家だ。スポーツが2つの国家や世界の大国の政治の渦に、簡単に巻き込まれていいはずがない。

平昌オリンピックの時の女子ホッケーの合同チームは、南北融和の序章として理解できた。

しかし今回はなんとも…

スポーツは公平なルールの上に成り立つからこそ神聖なんだ。そこへ政治が突然、介入し、大会の途中の運営そのものを変えるとか、絶対、あってはならないことだと考える。

米中ピンポン外交は友情から


その昔、米中国交回復を実現させるきっかけになったピンポン外交。これは国家の介入がない純粋なスポーツマン同士の友情が産み出したものだったと記憶している。

つまらない例えだが、もしサッカーワールドカップでベスト8にいたイタリア、ブラジルが両国の政治主導で突然合同チームを組み、準決勝でドイツと戦います〜なんてことになったら…

絶対にあり得ない。

アジアの平和に繋がる南北融和に期待するだけに、卓球の一件はかなり残念だった。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.