未分類

こんな歌はなくなったが半世紀経ち、日本女性の地位は上がったか?

投稿日:

ジェンダーフリーの立場からだと信じられない歌かもしれない。でも半世紀前だとこんな歌が大ヒットし、テレビやラジオで毎日、流れていた。今なら有り得ないかな。

最近、YouTubeで昔のヒット曲をよく聴いているが、例えば奥村千代の『恋の奴隷』(なかにしれい作詞、鈴木邦彦作曲)には改めてびっくりした。


とにかくタイトルからして凄い。歌詞はというと
いきなり
あなたとあったその日から/恋の奴隷になりました
さらに

悪いときはどうぞぶってね/あなた好みの/あなた好みの/女になりたい

『どうぞぶってね』って、これって完全にDV OKということだろう。
さらに

右といわれりゃ右向いて/とても幸せ
とか

好きな時に思い出してね/あなた好みの女になりたい…って、"やりたい時だけ思い出してくれてもいいよ"ということじゃないのか?

あと、私の好きないしだあゆみの歌もなかなかだ。
例えば『砂漠のような東京で』(橋本淳作詞、中村泰士作曲)は、

砂漠のような東京で/あなたひとりのしもべとなって/夜も寝ないで女のまごころ尽くすのよ

しもべはダメだろう。

すでにこの時代、ウーマンリブということばもあったし、榎美沙子氏らの中ピ連の活動もあったが、こうした歌が普通に支持されヒットしたのだ。

半世紀経ったいまもこうした歌はなくなっても、果たして日本の女性の立ち位置はどうか。
2022年のジェンダーギャップ指数は世界で116位、先進国どころか途上国を含めても極めて低位になっている。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2022 All Rights Reserved.