未分類

その昔、海上自衛隊幹部にみた懐の深さ。三等空佐の小西参院議員罵倒に思う

投稿日:

民進党の小西洋之参院議員が30才代の自衛隊三等空佐に『お前は国民の敵だ!』などと罵倒されたとする問題。

恐らく国会で報告されたり、報道されたようなことがあったんだと理解している。

嫌いだから罵倒したー

余りにエキセントリック

件の三等空佐は周辺をジョギング中に、小西議員と出くわした。

しかし日頃の小西議員の国会での発言から、大嫌いな国会議員だったとしても、いきなり罵倒するのは、余りに軽率でエキセントリックな行動と言わざるを得ない。名前も名乗らなかった。

三等空佐と言えば戦前なら少佐。ヒラ隊員からみたら雲の上の存在だ。多くの隊員の上に立つエリート幹部は常に冷静沈着を求められる。感情むき出しの行動は多くの隊員の命を預かるリーダーとして、許されるものではないだろう。

私が懇意にしている制服組にも佐官がいるが、行動、発言は常に冷静沈着だ。本当に尊敬すべき友人。彼を知っているだけに、今回の件はにわかに信じられなかった。

幹部の資質を疑うケース

しかしこれを持ってシビリアンコントロール云々、2.26事件の青年将校云々…まで議論が発展している。しかし、それはちょっと飛躍のし過ぎだ。

あくまで三等空佐の資質のレベルの問題だと、私は認識している。小西議員に対し、名前さえ名乗ることができなかったからだ。

これだけ大きな問題になると、今回の出来事は、自衛隊への批判勢力に対し不満を持つ"青年将校"たちにも、他山の石となったのではないかと考える。

小西議員については上には言わないからと、最後は握手までして別れたとされるのに、なぜ後に国会での騒ぎとなったのか…どうしたのかなとの思いだ。

微妙な両者の間に割って入った警察官も、迷惑なことだったと思う。

昔、海自幹部にみた懐の深さ

徳島県松茂町に海上自衛隊徳島教育航空群があります。若い記者時代、担当していた頃のこと。

毎年、"航空群まつり"を催し、子どもたちにも基地を開放していたが、これに自衛隊を違憲とする当時の旧社会党(労組系、反戦系)が反発。イベントが近づくと中止を求め、群司令(海将補)にキツい文面の抗議文を渡すのが恒例でした。

私が群司令に『毎回、あんなこと言われ腹が立ちませんか?』と尋ねたところ、こんな返事が。

『考え方は全く違っても、われわれも彼らも、国を思う気持ちは同じだと思いますから』と、何の気負いもなく爽やかに語ったのには、感銘を受けた。

理解し合うことの大切さ

この懐の深さをともに持つべきだと、当時のことを思い出した出来事でありました。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.