未分類

ついに死者が。豪華客船の夢の旅のはずだったのに…

投稿日:

夢の旅が死への旅立ちになるとは

老後、豪華客船で世界を旅するのは、多くの人が憧れる。しかし価格も高く、誰でも行けるものではない。

豪華客船での年配夫婦の旅は、側から見たら少し贅沢ではあっても、人生での成功者のステイタスみたいな感じがしたものだ。

確か豪華客船『飛鳥』だっただろうか。実際、寄港した豪華クルーズ船を見学した時は、内部も豪華ゆえその思いを強くしたことがある。

そんな人々が羨む豪華クルーズ船の旅が、死への旅立ちになるとは思ってもみなかっただろう。

幸せな豪華客船の旅だったのに…

80代の男女、ともに重症者だった

新型コロナウイルス感染者が続出し、横浜港に寄港していたダイヤモンド・プリンセスの乗客からついに死者がた。

乗客の80代の日本人男女2人で、87歳男性と84歳女性。ともに持病があったという。検査で感染が確認され、医療機関に搬送されていた。
乗船者の死亡は初めてとなった。

ダイヤモンド・プリンセスの重症者は今だ30人弱

大海原を船のデッキから眺め、胸いっぱいに潮風を吸い込む。夜はディナーにシアターで乗客を退屈させない様々な催しもある。
しかし最後は何日間も狭い船室に閉じこもっていたと思うと、気の毒でならない。

ダイヤモンド・プリンセスからは毎日、100人近い感染者が出ているが、19日現在、重症者は日本人15人を含む40~80代の男女29人。うち28人は陽性で1人が陰性。死亡した2人はこの重症者に含まれていた。

とにかく、これ以上の死者は出ないことを祈りたい。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.