未分類

きょう5月23日は『キスの日』とか。初のキスシーン邦画公開日だ

投稿日:

 

初のキスシーンの邦画が公開された日

いろんな記念日がある昨今だけど、きょうは『キスの日』なんだと。

なんでも日本映画史上初めてのキスシーンが演じられた『はたちの青春』(佐々木康監督)が、1946年(昭和21年)の5月23日、公開された日だからという。

しかし終戦から丸1年も経っていない日本で、早くもキスシーンを盛り込んだ映画が作られたことに驚いた。
占領国アメリカの文化が、あっというまに浸透した証かもしれない。
当時の若者たちの衝撃と興奮はいかほどであったか。たかがキスシーンであっても、新しい時代への息吹きを感じたことだと思う。

唇の間に薬品ガーゼ挟み初キスシーン

映画の撮影後、主演の幾野道子は「お仕事だと割り切って、目をつむって夢中でした」と。また相手役の大坂志郎はなぜか「接吻とは消毒臭いものでした」との感想を。

これはキスシーンを撮るため、2人の唇の間にオキシドールを染み込ませた小さなガーゼを挟んでいたためというから、何とも純情な時代ではあった。

今は映画の本番シーンでも前貼りをせず、本当に本番してしまったなどという武勇伝もあるから、隔世の感がある。

初キスは人生の大イベントではある

先日、亡くなったショーケンこと萩原健一が初めての出演映画『約束』(1972年)で、主演の岸恵子さんと交わしたキスシーンの話しが印象深かった。
『いきなり岸恵子さんの舌が入ってきてびっくりしました』と言ったくらいだから、やはり大女優。映画にリアル感は大切なんだと思った。

しかし振り返ると初キスは心臓が飛び出るんじやないかと思ったから、人生の最大イベントの一つであることは間違いない。

ところでキスの日は何かイベントがあるんだろうか?

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.