未分類

なんとなく嫌な感じだ。7日朝の愛知東部の地震

投稿日:

小さいのに随分と広範囲に揺れた

今朝の愛知県東部を震源とする地震は、さほど大きくはないが、なんか嫌な感じがしている。マグニチュード5.1、最大震度4だが、その範囲の広さ。東は山梨県から西は兵庫県、北は福井県までって、規模にしたら揺れた範囲は広すぎやしないか。
愛知〜静岡の沿岸部が長い距離に渡り揺れたのが、気持ち悪い。まさか東海地震の前触れではないのだろうか。

南海トラフの巨大地震に繋がる東海地震の前触れだと怖い

南海、東南海、東海、この三つが巨大地震として襲ってくるのが、南海トラフの巨大地震。東日本大震災でもそうであったように、必ず前触れがくるという学者もいる。
これで和歌山沖とか高知沖とかが震源の地震がきたら、かなりピビリますね。

震源地付近の豊橋には友人が2人いるので直ぐに聞いてみた。ひとりのドクターは、渥美半島の先端、伊良湖岬で優雅に鷹の渡りを観察中。かなり揺れて驚いたとか。もうひとりの大学の先生はクルマ運転中で全く分からなかったとのことでした。

相次ぐ大型台風の上陸、揺れまくる日本列島。なんか嫌な胸騒ぎのする昨今です。
しかし鷹の渡りはこの時期で、伊良湖岬が観察の名所ということがわかりました。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.