未分類

ひとり最低500万〜1200万円も。大学4年間でかかる概算費用

投稿日:

 

最高1200万円も!2人だと大変だ!

大学4年間で子どもたちにいったいいくらお金がかかるんだろうか。
日本政策金融公庫がその実態をまとめたが、自宅通学で最低500万円、自宅外で最高で1200万円余となっていることが分かった。

余裕でいける家庭もあるんだろうが、大半のサラリーマン家庭はシンドいのが実情だ。

キャンパスライフは楽しいけど、親は大変だ

仕送り額のこと、奨学金のこと、アルバイトのこと、子どもたちを送り出す前にちゃんと親子でお話しをした方が良いだろう。

必要な学費は、国公立か私立か、あるいは文系か理系か、自宅通学か自宅外かによって大きく異なる。

とにかく都会は部屋代が大変。踏み込んで唖然としたかなり以前の息子の部屋

 

私立の場合は大学によっても大きな差があるが、あくまで平均。学費とは授業料はもちろん、生活費など諸々だ。

自宅から国公立が一番親孝行だと思う

◼️まず国公立大学で自宅通学の場合
初年度は約177.7万円。2~4年目は年間約108.5万円で4年間合計約503.2万円となる。
自宅外の場合は、これに生活のための仕送りがいるから、4年間で合計約912.2万円。

◼️一方私立文系で自宅通学のケースは
初年度が約254.2万円、2~4年目が約161.3万円で、4年間合計約738.1万円
自宅外の場合はこれに仕送り、自宅外通学を始める費用など4年間合計は約1,147.1万円にもなる。

◼️さらに私立理系は授業料が高い。自宅通学で初年度約267.2万円で4年間合計は約807.8万円。
自宅外は4年間合計は約1216.8万円にもなっている。

親子で早めに話し合うべき大切なことだ

わが家の場合は2人とも月5万円の奨学金を借りていた。あと2人ともアルバイトは4年間、頑張っていたようだ。

文系はアルバイトする時間もあるが、理系は高学年になると、難しいかも。やはり親子で受験に臨む前に話し合った方がいいのではないだろうか。
奨学金も5万円が限度。これ以上だと、社会人になってから、返還に苦しむことになる。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.