未分類

わいせつ動画を自室で自撮りし、7000万稼いだ美人YouTuber

投稿日:

危険なことをしなくても儲かる?YouTuberもいた

世界では視聴を増やし広告収入を増やすために相当、危険なことをして多くのユーチューバーが事故で命を失っている。

超高層ビルの上に立ったり、高い煙突に立ってみたりまさに命がけだ。
動物のかわいいショットも人気があるがなかなかチャンスはない。

しかし自分のわいせつな動画をアダルトサイトで生配信し、警視庁に公然わいせつ容疑で摘発された若い女性の場合は、全て自分の部屋で裸の自分を撮影するだけだから、なんとも安易なYouTuberだった。

これでわずかな課金でも3年で7000万円を荒稼ぎしていたというから、ネット商売は凄い。

自撮りした自分のわいせつ動画、1分間39円から

逮捕されたのは東京都江戸川区西小岩2丁目の広告業佐藤亜耶容疑者(28)。佐藤容疑者は『広瀬ゆうちゅうばー』として、アダルト動画サイトを運営。かなりの人気を博していた。


普通に佐藤容疑者が視聴者に向けて話をするものから、自分の裸体をさらけ出すものまで。閲覧者から1分間で39円〜600円の課金を得ていた。
中にはひとりエッチのような過激なわいせつ動画もあり、警視庁に情報が多数寄せられていたようだ。

逮捕前、もう最後になるかもと…

撮影は自室、"女優"は自分で自撮りだから丸儲け

佐藤容疑者は簡単な撮影機材を揃え、撮影は全て自室。女の子の部屋という生活感のあるところが、人気だったようだ。

自分で喋りながら、演じる"女優"も自分だから経費はほぼゼロ。わいせつ動画の配信は犯罪ということは分かっていたようで、撮影中はマスクで顔がバレないように。

顔が分からなかったら警察にはバレないと思ったというから、無知なのかとぼけているのか。

しかしわずか数十円から数百円の積み重ねで7000万円!マスクをしてもかなり美人で、多くのファンがいたようです。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.