未分類

グループで弱者を襲撃。許し難い犯罪に社会の病理を見る

投稿日:

多数がホームレスに石を投げ?殺害


久々に虫唾が走るような不快な事件だ。岐阜県岐阜市の長良川の河川敷で暮らしていたホームレスの男女のうち、男性(81)が何者かのグループに暴行を受け、殺害された。
死因は脳挫傷と急性硬膜下血腫だった。岐阜県警は殺人容疑で捜査を開始した。

一緒にいた女性(68)の話しでは、橋の上から石を投げられ、2人で走って逃げたが、途中、男性が倒れていたという。
女性の話しでは、男性は数人に蹴られていたとも話しているが、許し難い犯行だ。

高齢男性が倒れていた現場

弱者を多数で襲撃、殺害するという卑劣さ

犯人グループの行方は分かっていないが、周辺地域に住む可能性は高い。岐阜県警には何としても早期検挙を期待したい。

2人は20年前からこの辺りでホームレスとして暮らしていた。
誰にも迷惑をかけずひっそりと暮らしていただけで、なぜこんな酷い目に遭わされるのか。
事件概要を聞いただけで怒りに震える。

かつて少年らが、無抵抗なホームレスを襲撃し、殺害したり怪我を負わせる事件が頻発した嫌な時代があった。

無抵抗なホームレスにゲーム感覚で暴行を重ね殺害した事件が大半で、あまりの悪質さ、残酷さは社会を震撼させた。この事件もそんな嫌な臭いがする。

過去にも多発した少年によるホームレス殺害事件

1980年代初め、横浜市内で相次いだ中学生を中心としたホームレス襲撃事件は、殺害された人や重傷を負わされた人も。
こうした襲撃グループは複数存在したようで、近くの2件の殺人事件が未解決となった。

逮捕された少年らは『ゴミ掃除しただけ』『対立グループとの喧嘩の練習のため』『浮浪者が逃げ惑う姿が面白かった』『退屈しのぎに浮浪者狩りを始めた』などと自供した。

東京、大阪など全国で少年のこうした事件は相次いだが、犯行形態は卑怯にも全てグループで、命の尊厳など全く感じでいない少年の犯行ばかりだった。
最低のガキどもだ。本当に許せない!

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.