未分類

コロナワクチン行き渡り日本は先進国で最も遅く22年4月の予測

投稿日:

早くコロナワクチンを接種して、どこへでも行きたいものだが、イギリスの医療調査会社によると、日本でワクチンが行き渡るのは2022年4月となっており、先進国では最も遅くなる見通しとか。これではオリンピックどころではない。

コロナワクチンは生産量考え、自国優先主義に

なぜ日本がこんなに遅くなるのか⁈かなりショックだが、やはり独自のワクチン開発が進んでいないのはもちろんだが、日本はどのワクチンの承認の目処もまだ立っていないからだろう。

さらにどの国のメーカーも生産量が追いつかず、自国優先主義の傾向が強くなってきた。これは当然、予想されたことだ。

すでに英国では12月8日からワクチンの接種が始まった。米当局も最初のワクチンの承認可否を検討する会合を10日に開いた。欧州連合(EU)も年内に承認する見通し。

主要先進国は21年中にワクチン接種完了か

ワクチンで集団免疫を獲得することでコロナは終息するが、その普及のスピードが今後その国の経済や社会の正常化を大きく左右するのは間違いない。
多くの国民の接種が完了した国がコロナ禍から立ち直るのも早い。

今のところ日常に戻るのが最も早いとされているのは米国で、21年4月。カナダは同年6月、英国は7月、EUは9月、オーストラリアも12月と、主要先進国はいずれも21年の内に正常化する見通し。

いまのコロナ禍の酷さを見るとアメリカが1番とは信じ難いが、恐らくワクチン接種で劇的に変わるのかもしれない。

南米も22年3月、人口が多い中国は22年10月、インドは23年2月と予想される。何と日本は22年4月だから南米より遅い。

東京五輪の段階で、コロナを制圧した国はわずかだが…

ところで東京オリンピック・パラリンピックまでに正常に戻るのは米国とせいぜいカナダだけ。大半の国はまだ制圧の途上だろう。肝心の日本は全く間に合わない。大国の中国、インドしかり。

日本はコロナに打ち勝つどころか、国民はワクチンさえオリンピックの時点でまだなのだ。
あくまで英国の民間会社の調査だが、日本の厚生行政を考えれば、とても欧米先進国並みは不可能か。

副作用の問題など課題は多いが、どうせワクチン接種は始まる。国はスピーディーな対応を図るべきだろう。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.