未分類

コロナ休校で中高生の妊娠が増えている。『するな!』より避妊指導を

投稿日:

一斉休校中の中高生に妊娠増加ー。これはニュースになった熊本だけじゃなく、恐らく全国的な傾向かもしれない。休校中に妊娠してしまった、させてしまった中高生の多くは、相談する大人もおらず不安のどん底にいるに違いない。

休校中は互いの家で2人きりになる機会が多い

この4月、熊本で中高生の妊娠相談が過去最多

熊本市で、親が育てられない子どもを匿名で預かる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を運営する慈恵病院(同市西区)の妊娠相談窓口に、中高生からの相談が増えている。4月だけで中高生から寄せられた相談は過去最多の75件にも上っているという。

この結果を受け、同病院の蓮田健副院長は会見し「新型コロナウイルスで長期の自宅待機を強いられる中高生が、望まない妊娠をすることを心配している」と、訴えた。

例年4月より20件余りも増加、背景に一斉休校?

同病院によると、4月に寄せられた相談件数592件のうち中高生と判明したものは75件(13%)だった。
内容は「妊娠検査薬で陽性反応が出た」「彼女の生理が遅れている」という相談などのほか、中絶手術についての問い合わせもあったという。

昨年4月は515件中58件(約11%)、一昨年年4月は555件中52件(約9%)だったから、20件余りも増えている。

元々、夏休みなど学校が長期の休みの後は多い傾向にあったというが、やはり緊急事態宣言に伴う、一斉休校の影響であることは間違いない。

『するなより』より具体的避妊指導の徹底を

こうした傾向は全国的な問題である可能性は極めて高い。
親たちは娘たちの体調の変化に、十二分に気をつけてあげるのはもちろんだが、熊本慈恵病院のような相談ができる機関が各地に必要だ。

一斉休校は約2か月に及んでいる。親の留守宅で中高生カップルが2人だけとなるケースも多い。自然とそうなってしまうのは仕方ないことだ。

『性行為をするな!』というより、若い2人はしてしまうことを前提で、きちんと具体的な避妊指導すべきだと考える。
極端な話しかもしれないが、子どもたちに岡本理研などを渡しておくべきかもしれない。

女子高生の4人に1人が性経験あり

性経験のある女子中学生は20人に1人、男子中学生は25人に1人。女子高校生は4人に1人、男子高校生は7人に1人といわれる。そしてわが国の人工妊娠中絶件数は微減傾向にあるものの、年間約19万件。その内、10代の中絶はその1割強を占め、毎日、約53件にも及んでいる。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.