未分類

コロナ感染拡大の中、パチンコ店だけは自粛しない日本の七不思議

投稿日:

コロナウイルス感染拡大を防ぐためこれだけ自粛、自粛というのに何故にパチンコ店だけは変わらず営業を続けるのか、できるのかが、今の日本の七不思議だ。疑問の声には誰も答えない。

なぜか自粛とは別世界。パチンコホール

自粛、自粛の中、パチンコ店は堂々営業中!

学校の一斉休校、小学校から大学までの卒業、入学式の中止。東京オリンピックは延期になったし、プロ野球、Jリーグ、あらゆるコンサートから小規模なライブハウスまで。人が数十人以上集まることは全て政府も自治体も自粛要請を出している。

ところがあれだけ人が押しかけ、"ノー3密"など全く守られていないパチンコホールが堂々の営業を続ける。

さすがに駐車場を見たら客足はかなり減っているのではと感じるが、絶対、休店にはならない。連日、大半の店は朝9時から営業を続けている。

小池都知事などは記者会見を開き、ナイトクラブやラウンジなど、夜の街は控えるようにとは言ったが、しかしパチンコは出てこなかった。

なぜ?の声は多いがだれも答えてくれない不思議

そしてパチンコ屋は年中無休。
ネットでも何故パチンコ屋だけが…の疑問の声は上がるが、だれも責任ある人は答えてくれない。

だから警察の天下り先だからとか、政治家との癒着(献金している)マスコミへの莫大な広告料などが取り沙汰されるが、これもはっきりしない。今は広告は業界として自粛しているようだ。
当たっているし、当たっていないかもしれない。

ちなみに昨夏の参院選、業界推薦で出た候補者がいたが、当選には遠く及ばなかった。

感染者が出たらクラスターの世界間違い無し

今のところ、パチンコホールへ出入りしている客から感染者が出ていないのも不思議だ。出たら一気にクラスターの世界になることは間違いない。

パチンコ店が今、頭を抱えているのがコロナで客足が激減してきたのに加え、4月1日から改正健康増進法に基づき店内禁煙になることだ。

わが国の喫煙率は30%くらいだが、どうもパチンコ客の喫煙率は50%くらいあるような感じらしい。禁煙によって客足が減るのはもちろん、店内滞在時間が減るのではと、業界は危惧している。

パチンコ店だけの自粛特別扱いは良くない。都道府県は自粛要請すべきだろう。まさかロックダウンしてもパチンコ店だけは開店してたりして…

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.