未分類

コロナ禍で最も売り上げが苦戦した商品は?

投稿日:

コロナ禍で売り上げが苦戦した商品、よく売れた商品をテレビでやっていた。苦戦した商品のトップは口紅。これは直ぐ分かる。女性たちがマスクをするから口紅を塗らなかったり、しっかり塗らなかったりだろう。売り上げは54%もダウンした。しかしマスクのせいばかりでもなく…

苦戦したベスト10に化粧品が5種も

何と苦戦したベスト10には4位の頬べに、5位ファンデーションなど、化粧品が5種類も。

もちろん、マスク着用のほか外出自粛などが原因だが、それより大きいのはインバウンドによるドラッグストアやデパートでの大量購入が春以降、皆無になったことだ。

確かにマスクを着用するから口紅は塗らないという日本の女性はいるが、54%もいるはずはない。

アイメイク化粧品だけは健闘、旅行自粛で酔い止め薬不振

そして化粧品が大幅ダウンの中、アイメイクの化粧品だけは持ち堪えたようだ。
これはマスク美人の作り方など、各種メディアで扱った結果、アイメイクに改めて関心が集まったためか。

苦戦した商品の2位に酔い止め薬が入ったがこれもひじょうに分かりやすい。外出自粛で旅行が激減したためだった。

売れたのはコロナ対策の衛生商品と、なぜか粉製品

良く売れたのはもちろんマスクがトップで、4.2倍にも。2位消毒液など、5位まではコロナウイルス対策の商品が並んだ

あと冷凍食材9位、ホットケーキなどを作るプレミックスが10位に。一斉休校となった子どもたちにお昼を食べさせる家庭が激増したため。ベスト10には入らなかったが、一時、スパゲティの麺がスーパーから消えたのも、その理由だ。

売り上げが苦戦したもの
1位口紅▽2位酔い止め薬▽3位強心剤▽4位頬べに▽5位ファンデーション▽6位化粧下地▽7位おしろい▽8位せんきとたんの薬▽9位風邪薬▽10位ビタミンB 1剤

よく売れたもの1位マスク▽2位殺菌消毒剤▽3位体温計▽4位うがい薬▽5位濡れティッシュ▽6位玩具メーカー菓子▽7位せっけん▽8位プロテイン粉末▽9位冷凍食材▽10位プレミックス

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.