未分類

ジャニーズタブーはマスコミの不甲斐なさの証明だ

投稿日:

ジャニーズ事務所及びジャニーズ所属タレントのスキャンダルは、文春砲、新潮砲をどれだけ浴びても、テレビのワイドショーはまず、扱うことはなかった、と思う。他の不倫スキャンダルなどは、あれだけ後追い取材し大騒ぎするのにね。

ジャニーズ抜きに番組できない

とにかくジャニーズ事務所所属グループやタレントは全て人気者揃い。歌番組はもちろんドラマ、ワイドショー、彼ら抜きには番組制作はできない。もちろんスポンサー受けもいい。

そのタレントのスキャンダルや事務所の不祥事をテレビが放映することで事務所の逆鱗に触れ、タレントを使わせてくれなかったら、テレビは成り立たない。だからテレビはジャニーズタレントのスキャンダルはご法度……

こんなことが実しやかに流布されていた。本当だろうね。

謝罪はグループ任せ。事務所幹部は姿なく

しかしこの度のTOKIO山口元メンバーが起訴猶予となった強制わいせつ事件。さすがにNHK含め全てのテレビキー局が報道した。

山口元メンバーが呼び出した女子高生と山口さんが共演してたのが、NHKの番組だったようだ。

山口さんを除くグループの4人は誠実に会見をこなし、責任を果たしたとは思う。しかし事務所が紙切れのコメントだけっていいのか?と、違和感を感じた人がほとんどでは。

山口さんへの責任の重さは、他のメンバー4人じゃなく雇用関係にある会社の方が遥かに重い。

アイドルが女子高生に強制わいせつを働くという犯罪は、アイドルを抱え、それを売りとする事務所としては会社の存亡に関わる大問題。社の代表がキチンと会見し謝罪すべきは、社会常識以前の問題だと思う。

スマップのトラブル、分裂はやっとテレビも扱ったが、分裂の真相は闇だった。

番組づくり最優先がテレビ局にジャニーズタブーをつくってしまった。その結果、主要タレントの性犯罪にもかかわらず、謝罪会見はタレント任せに終わった。

メディアの弱腰の責任

これまでのメディアの弱腰ぶりが、芸能プロダクションの非常識さをつくったと言っても過言じゃあるまい。

石原前都知事や麻生財務大臣に、記者会見でお前呼ばわりされ、何にも言い返せない腰抜け記者ら。同じく、ジャニーズ事務所に沈黙を続けた芸能マスコミ。

権力者を必要以上に増長させているのはメディアの不甲斐なさが原因なようだ。奮起を促したい。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.