未分類

スタバのバイトは人気No.1。就活に役立つブランドバイトとか

更新日:


バイトはカネだけじゃない。自己の成長に繋がるものが人気


貧乏な学生時代は、少しでも時給の良いアルバイトを探した。その頃、発売されたばかりの"アルバイトニュース"という冊子を朝、駅で買い喫茶店へ飛び込む。仕事の中身じゃなく時給だけ良いものをチェックし、店の赤電話で当該事業所にかけまくった。

今は全然、事情が違うらしい。人手不足に喘ぎ、時給2000円という格段の賃金を示しても、東京のファストフードの店は学生も集まらない。松屋などのヘビーユーザーの息子の話しでは、どの店舗も大半が外国人のアルバイトらしい。


人気の頂点はスタバのバイト。研修、仕事が就活勝利に直結?


ところが時給が半分でもスターバックスコーヒーのアルバイト求人には学生が殺到。都内中心の店舗によっては、アルバイトでも10倍近い競争率とか。

うちの娘は"就活の達人"の名を欲しいままにし、就活時代は一流企業を連戦連勝、友人らに羨ましがられていたが、学生時代、スタバのバイトだけは1度つまづいたことがあるという。

因みにバイトランキング(読売新聞調査)ではトップがスタバ▽2位 東京ディズニーランド▽3位 USJ ▽4位 マクドナルド ▽5位 ローソン…の順。

そしてこのスタバのアルバイトは『ブランドバイト』と呼ばれるそうな。人気の秘密はいろいろあるようだが、実は就活勝利に直結するアルバイトといわれているらしい。

採用された日から直ぐエプロンして働いて…じゃなく、何とバイトでも80時間もの研修があるという。研修を通じてスタバコーヒーの作り方はもちろん、完璧な接客を学ぶことになる。


スタバの接客は財産


そしてこのスタバでの接客がバイト学生の大きな財産。最近の学生諸君は本当に真面目で、スタバで学んだことは就活の際、面接などに十二分に活きてくるようだ。接客はもちろん仲間や客とのやりとりで、コミュニケーション能力も鍛えられる。スタバに行くとスタッフは本当に仕事が楽しそうで感じがいい。キラキラと輝いているじゃないかと、思う。彼らの仕事ぶりを見るにつけ、私も今、大学生なら絶対、スターバックスコーヒーのアルバイトスタッフになりたい。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.