未分類

ステージ4の癌宣告…もう行くことはないと思った東京へ

投稿日:

『東京なう!何とまたここに来ることができました』

まさかの東京なう。ANAインターコンチなう。
娘の転職祝いと息子夫婦の新居の偵察に行こうと妻に誘われ、東京に来ました。
まず土曜日は祝いに来たのに逆に娘に赤坂で、高級で超美味しい寿司をご馳走になりました。そして念願の六本木ヒルズけやき坂のイルミネーションにも。

実はつい2週間前、もう一度、けやき坂に行きたいとFBに投稿しました。娘がこの思いを汲んでくれたんだと思います。
まさか本当に実現するとは…涙が出るほど感激しました(涙)


コロナ禍で2年近くも来ていなかった東京はやけに新鮮です。大好きな赤坂を歩くだけで元気を取り戻すことができました。
(娘はオヤジの赤坂好きに似て、赤坂に住んでます😵)

厳しい癌宣告を受けたさる5月、抗がん剤の副作用で倒れた6月頃は、もう2度と東京で娘や息子に会うことはないだろうなと、実は諦めていました。

この元気を取り戻せたのは、家族と徳島大学消化器外科の先生方、ずっと励まし応援してくれる友人たちのおかげ。感謝のことばもありません。

大袈裟じゃなく生きていることは素晴らしいなぁ、元気に勝るものはないなぁと、改めて実感した日となりました。
東京の仲間とのしばしの交歓、息子夫婦の新居の偵察は次回投稿で。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.