未分類

ストーカか片恋慕の男か⁈東京杉並区の女性殺害事件の犯人像

投稿日:

 

部屋侵入への異常な執着感じる手口だ

カギのところだけガラスを割り、指を入れてガラス戸のカギを開けるのは、よく防犯番組でもやっているから素人でもやれる。
それより危険な屋根に上がりさらに危険を犯しベランダに降りてから侵入する。

 

単なる盗っ人ならここまで危険を犯さない。コスパの悪いことはしない。
過去に被害女性に片恋慕してフラれても尚、執着のある男か、完全なストーカーだろう。
女性は人に恨みを買うような人ではなかった。

東京都杉並区のアパートの一室で保育士の照井津久美さん(32)が包丁で刺され殺害された事件は、アパートの屋根で犯人のものとみられる土足の足跡が見つかったという。

 

鑑識の結果、警視庁は犯人が屋根をつたって2階にある照井さんの部屋のベランダに下り、ガラスを割って侵入したとみている。

強い殺意?ストーカーが片恋慕の男か?

事件は26日正午ごろ発生した。照井さんはコートを着たままだったから帰宅直後だろう。男は事前に部屋に入り、照井さんの帰宅を待っていた可能性が高い。

凶器の包丁は照井さんの部屋にあったもので、自ら用意したものではなかった。

騒がれても逃走せず、ベランダから助けを求める照井さんの背中を、包丁の柄が取れるくらい強く刺している。
相当、強い殺意はあったのではないだろうか。
首には争った際にできたとみられる圧迫痕もあったから、首を絞めて殺害しようとしたのかもしれない。
照井さんの財布や携帯電話は手つかずだった。

事件直後現場付近から立ち去る不審な男が目撃されている。身長は160~165センチの30~35歳くらいで、黒髪に膝丈の黒っぽいコートを着ていたという。

通り魔ではない。照井さんの自宅から職場までの防犯カメラのチェックで、犯人は浮かび上がるのではないか。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.