未分類

タイガー・ウッズ11年ぶりメジャー制覇で思った寂聴さんのことば

投稿日:

 

もうこんな歳だからはやめようと寂聴さん

瀬戸内寂聴さん(96)が83才で文化勲章をもらった時のパーティーで、『もうこの歳だから…と、思うのはやめましょう』と話したのが印象的だった。

スマホに興味津々の寂聴さん

つまり70才であっても80才であってもいつも目標を持とうということだった。
例えば今、70才で『もう70だから…』と何もせずに過ごし、その後、80才以上まで元気でいたら、少なくともその10年はあまりにもったいなかったと後悔しますよ、と。

そして『私は80才から書いた源氏物語が、この文化勲章につながりました』と。
あの頃、もう80と思って何もせずにいたら、こんな素晴らしい賞は貰えなかったと、言うことだろう。

11年間耐えてつかんだタイガーのメジャー制覇

今回、タイガー・ウッズの11年ぶりのメジャー制覇、マスターズの感動的な優勝を見て、改めて寂聴さんのこの話を思い出した。

タイガーはまだ43才。もちろん、寂聴さんの話しとは異なるかもしれないが、人生につまずいた時、彼が『もういいや』と少しでも頭をよぎったら、今回の奇跡の復活はなかったと思う。

不倫スキャンダル、離婚、度重なる手術、運転中の逮捕…多くのスポンサーも失い、まさに人生のどん底。
病的な性欲過多と診断され、その治療も受けた。

この頃、誰もがタイガーの復帰はあり得ないと考えたし、11年後のメジャー制覇など誰が想像しただろう。
また米ゴルフ界にタイガー旋風が吹き荒れそうだ。

寂聴さんはインスタグラムに挑戦中

話は寂聴さんに戻るがまもなく97才。まだまだいろんなことに挑戦しているようだ。そのひとつはスマホでのインスタグラムへの投稿とか。

もう○○才だから無理…みたいなことを考えるのは、やめた方が良さそうですね。
元気な人はいつまでも何かに頑張る方がいい。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.