未分類

ドラフトは大阪桐蔭根尾君が中心か⁈早、期待される将来の球界リーダー

投稿日:

やはり根尾昂君、5〜6球団が指名?

地元中日ドラゴンズが早くからドラフト会議での1位指名を決めていた大阪桐蔭の根尾昂君を、巨人、西武に続き阪神までもが指名に名乗りを挙げた。矢野新監督となり方針転換したようだ。
このほか日本ハムも二刀流での根尾君を高く評価しており、栗山監督が指名するのではないかとみられている。
あと、オリックス、楽天が指名するとの予想もあり、5〜6チームが競合しそうな雰囲気だ。
高卒の野手なら、過去指折りの多い指名になるのでは。

 

 

私はやはり根尾君には何としても中日ドラゴンズに入って欲しい。ショートで1番か3番を打ち、9回はリリーフとか、数年は二刀流でどうだろう。岩瀬の抜けた穴も、一部カバーもできる。

根尾、藤原恭大両君で新人王争いを

ショートとしては新人王を取った立浪や、鉄壁の守備を誇った井端以上の選手にはなるだろう。3年目から3割・30本・30盗塁のトリプルスリーを狙えるのでは。
同じリーグなら大阪桐蔭のチームメイト、藤原恭大君と新人王争いでしようね。

18才で早、期待される将来の球界リーダー

あと、彼の魅力は誰からも尊敬される人間性、野球に対する真摯な姿勢、抜群の身体能力、そして何と言っても偏差値70とも75とも言われる、飛び抜けた頭脳だと思います。

この頭脳と野球への姿勢も各チーム、ドラフト1位の理由としているようですね。
将来はこれまでなかったような球界のリーダー、指導者の予感を持ったスーパー高校生の未来にワクワク感は否めません。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.