未分類

ハニーを見るとイルカショーはいらないと痛感。行政は救出しないのか⁈

投稿日:

 

もう1年。ハニーはやはりそのままだ

千葉県銚子市にあり、昨年1月に閉館した水族館犬吠埼マリンパーク。そこにたった1頭で取り残されたイルカのハニーやペンギンを助けてーとのネットの書き込みや、テレビ、新聞の報道は続いているが、一向にハニーやペンギンを取り巻く状況は変わっていない。

 

観察している人たちによると、少しずつ元気は無くなっているというから心配だ。水質の悪化、狭いプール、背中の傷み、そして孤独…

家族と群れて暮らす習性のあるイルカは孤独に弱い。なぜこの水族館は最後まで責任を持たないのか。

とりあえず他の水族館が引き取ってくれないのか?(もちろんこれがゴールじゃないが)
何がネックになっているのだろうか。

行政は何か対応できるのではないのか

地元の銚子市はどういう対応をしているのか。また千葉県ができることはあるんじゃないのか。業者にどんな指導をしているのか。
もしハニーを死なせてしまったら、どんなに子どもたちを悲しませることか。

今は閉館してしまったが、マリンパークだって全盛期はたくさんの人を県内外から集め、ハニーを見るためにたくさんの人々が千葉県へ銚子市へ訪れ、経済効果もあっただろうに。

なんとか多くの人たちのために頑張ったハニーやペンギンに、今こそ人間が県や銚子市がお返しする時じゃないのか。

ハニーで知るイルカショーの残酷さ

ハニーは2004年頃、和歌山県太地町のイルカ追い込み漁で家族は殺され、生け捕りにされたハニーは水族館に売られてきたと言われている。

家族は殺され、ハニーは売られて自由を奪われ芸を強いられる。なんと酷い話だと思う。考えただけでかわいそうでならない。

すでに銚子に来た時、妊娠していたようで、マリンという赤ちゃんを出産したが、マリンは死んでしまった。

頭部から背中にかけ、ひび割れのような傷が痛々しい

 

4月は統一地方選挙。千葉県議会議員選挙や銚子市議会議員選挙もある。千葉県の人たちは候補者に呼びかけ、賛同してくれる人を応援しよう。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.