未分類

バブルはデュエット曲とチークダンスとCHANELの香り

投稿日:

バブルの頃は何故かカラオケでは男女が2人で歌うデュエット曲がやたら流行った。当然、毎晩のごとく仕事のクールダウンと称して歓楽街へ出動していたが、先輩たちがラウンジの女の子たちとチークダンスができるような歌ばかり歌った(歌わされた)が、デュエット曲が多かった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先輩たちと飲みに行く時はオハコの吉田拓郎や伊勢正三、財津和夫などはカラオケでは完全封印していたのだ。
私としては歌いたいのだが、例えば拓郎の『どうしてこんなに悲しいんだろう』や正やんの『なごり雪』『ささやかなこの人生』でも歌ったらどうだろう。

『そんな歌ではチークダンスが踊れんやないか!』と、ターさん(仲人もしてもらった大先輩)に怒られるのは必至だったのだ。

そんな訳で夜の女性の心の逡巡を歌ったムード歌謡や『今夜は離さない』『別れても好きな人』など、デュエット曲を店の女の子と歌ったものだ。

私ももちろんチークダンスもしたが、参ったのは彼女たちのコロンの香りがこちらの服にも移ることだ。

きょうはココシャネル、明日はディオールと、艶かしい匂いを染み込ませ、毎夜の午前様でのご帰還は、さすがに妻に対して気がひけた。

起こさないようにこっそり着替えたが、妻も翌朝、私の服の匂いには当然、気付く。
『毎晩、いい匂いさせて気安いこっちゃな』とのイヤミはたまにはあった。

しかし匂いはまだいい。チークダンスを踊った際、こちらの上着の肩の辺りに女の子のファンデーションや口紅が付着することもある。

これはなかなかとれない。しかしあくまで不可抗力。何らやましいことはないのに妙に言い訳をしたものだ。

30代半ば。歌は世につれ世は歌につれ。日本も徳島も私もめちゃくちゃ元気だった。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2022 All Rights Reserved.