未分類

パパ活ルポをweb記事から抹消。どうした朝日、慣れない企画やるから?

投稿日:

 

朝日女性記者、パパ活に挑戦?

パパ活、ママ活というのが流行っているそうな。
パパ活は若い女性が年配の男性とデートすることでお小遣いをもらう。逆にママ活は若い男性が年配の女性とデートすることでお小遣いをもらう。

お茶だけ、食事だけの場合もあるが、お互いに了解できればホテルへ行くこともあるという。
交際クラブを通すと、お茶だけ、食事、エッチ…と、料金は決まっているようだ。
もちろん登録の際、ランク分けされ、特にエッチはランクによって料金が違ってくるとか。

まるでバブル以前、大流行し、最後は警察に摘発された『愛人バンク』に似てやしないか。

まあ、名前は違うがていの良い援交じゃないかと思うが、"個人営業"でママ活した男子高校生が補導されるなど、裾野は広がっているようだ。

渾身のルポ、Web記事からなぜか削除

この"パパ活体験"をなんと天下の朝日の女性記者がルポし、朝日新聞の女性向けウェブサイト『telling』に掲載されたが、なぜか1週間で記事が削除されてしまったことが、話題をよんでいる。

 

記事のタイトルは『パパ活ルポ 女としての値踏みをされてみた』。

朝日新聞の10年目の記者が、実際に交際クラブでパパ活体験を。
しかしルポとはいえ、パパと会ってどんなデートをしたかじゃなく、登録するまでのルポだったという。

"女としての値踏みをされてみた"とは、『おい、おい』って感じのなかなかのタイトル。

当然、その後実際にパパとデートするルポもあることをほのめかせていたが、なぜか鳴り物入り?の第1回のみで終了。
なーんだと思わせただけでなく、第1回掲載分もすぐに削除されたようだ。

こうしたルポを連載する以上、朝日らしい理由づけがなければ、三流雑誌の記事になってしまう。
もちろん社会的意義が朝日はいるんだろう。なのに直ぐに終了したのは社内的に疑義があったのかも。

さらに朝日の女性記者がルポをするために、さらなる体験をしていくのは、私は無理だと思った。

朝日記者が訪れた交際クラブは本格的なようで、面接や写真撮影も。交際する場合の条件など、対応の仕方などがリポートされていたようだ。

ルポ打ち切りはやはり朝日の社風に合わなかったからか⁈

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.