未分類

ベテラン記者を首相補佐官にした菅総理も受けた柿崎氏も大英断だ

投稿日:

記者が権力を担うことにネットでは疑問の声もあるが…

共同通信社の現役論説委員(副委員長)の柿崎明ニさん(59)が、何と菅首相の首相補佐官に就任することが、様々な波紋を呼んでいる。
ネットでも色んな考え方を拝見するが、多くは『権力の監視をしていたはずのジャーナリストが、権力そのものになるのはいかがなものか』との、批判の声だ。

要するにミイラとりがミイラに…みたいなことだろう。

聞けば菅首相とは取材を通じてはもちろん、互いに故郷が秋田県ということで長い付き合いだったらしい。そんな関係で、今回の人事は菅首相自らがオファーし、柿崎氏がそれに応えたようだ。

テレビでは安倍政権を厳しく批判していた柿崎氏

柿崎氏といえばテレビの情報番組にもコメンテーターとして多数、出演。モリカケ桜など、安倍政権のアキレス腱にも、厳しく踏み込んだ発言をしていた。

安倍広報マンと揶揄される田崎氏とは、番組内でも意見が対立することも多かった。

菅さんといえば官房長官として、7年半も安倍政権を支えてきた。当然、柿崎氏のスタンスも良く知っていただろう。だからこの起用については驚く人が多かったのだ。

柿崎氏といえば毎日新聞から共同通信社へ転身した後も、一貫して政治部畑を歩んできた。
ここ数年は、論説委員兼編集委員として、政治記事に健筆を奮ってきた。論説と編集委員を兼ねるということは、相当に"書ける記者"であることが推察される。

"書ける記者"とは、文章が上手いだけじゃなく、取材力があり真実に迫ることのできる記者に使われる。

根底はジャーナリストの柿崎首相補佐官の良心に期待したい

この華麗なる転身に批判は確かに多いが、私は密かに期待を寄せている。彼とはつい最近も個人的に話したことはあるが、飄々とした風貌、話し方の中に、やはり根底にジャーナリストとしての良心を感じたからだ。

首相補佐官の仕事は総理の名代として省庁に睨みを効かし、政策を実現することに尽きるだろう。彼は政策の立案と検証を担うようだ。
記者を5〜6年して政治に転身したなどというのではない。彼は記者歴36年。からだの隅々までジャーナリストなのだ。

彼を首相補佐官に任命した菅首相の本意までは分からない。しかし恐らくや内部からの批判も覚悟で、柿崎氏を官邸に招き入れたことには敬意を払いたい。

そして柿崎氏にはこれまで通り国民目線で、職務に当たることを期待している。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.