未分類

ボンカレー、発売から50年。僕らにとっては青春の味

投稿日:

大塚食品のボンカレー。発売からなんと50年。つくるのに手間のかかるカレーが僅か3分で。まさにわが国の食品革命でもありました。

試行錯誤の末、商品化

1968年。初めての販売は阪神地区限定でした。元々、真空パックになっていたアメリカの軍事食がヒント。

"お湯で温めるだけ、誰でも失敗しないカレー"がコンセプトだったとか。

防腐剤や保存料を含まない。それでいて常温で長期保存が可能ー。当初、メーカーの試行錯誤も大変だったようです。

青春の味でもあります

高校時代とか、土曜昼に母親がいないと、決まってこれを温めました。

学生時代、実家から送られてくる荷物には、必ずボンカレー5〜6個が。カネのない時はボンカレー、本当に助かりました。

コマーシャルも味がありましたね。時代劇の女優さんで、当時流行った"琴姫七変化"のお姫様役松山容子さん。いつも何故この人?と思いましたが、息長く愛されました。さすが大塚と広告代理店、売れる直感があったのてしょう。

3分間、待つのだぞ

笑福亭仁鶴さんと大五郎の子連れ狼シリーズも良かったですね。

『 3分間待つのだぞ 』って。カップ麺もそうだけど、やはり"3分"という長さは、イラつかないで待てるちょうど良い時間なのかも。

ホーロー看板、今も

松山恵子さんのホーロー看板は、なんと全国で95000枚も設置され、大いにPRに役立ったとか。都会では完全に姿を消しましたが、全国の中山間地域には、一部錆びつきなが、いまだ健在で、レトロ感が何とも。マニア垂涎の的とか。

徳島だとクルマで那賀町木頭地区などに行った時、発見することも。

大塚のボンカレー。これからも世界中で愛されることでしょうね。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.