未分類

ポスト徳島そごうはドラスティックな提案と実現能力を市長選で問え

投稿日:

どうなるポスト徳島そごう。市はまだ全く見通したたず?

徳島そごう店長から手紙がきた。長い間、ご愛顧いただいたというお礼と、来年8月30日をもって閉店する挨拶状ミレニアム会員向けだろう。
確かに36年間、個人的にはよく行った方かもしれない。

と同時に、今朝の徳島新聞朝刊に、遠藤徳島市長に対する"ポスト徳島そごう"に関する定例記者会見の記事が載っている。

当然、市として重大に考えているのは分かるが記事を読む限り、そして昨夜のニュースでの市長の表情を見た限り、まだ具体的に何の見通しも立っていないことが見て取れた。

徳島市が主体性を持つべきで、管理会社のサポートだけはとんでもない

『(そごうの後に)入居を希望する複数の業者から問い合わせがあり、見学にも来ている』とのことだったが、さあどうなんだろうか。どのくらいの関心を持ってくれているのか。

そしてかなり気になったのは『あくまで(ポストそごう探しの)主体は徳島都市開発。市はサポートに徹する』との、市長の発言だ。
おいおいと、思った。

当然、そごうの入居するアミコビルという建物を所有、管理する徳島都市開発抜きには対応できないのは分かるが、われわれ市民の認識は徳島都市開発=徳島市だ。

"過去、何人市役所から天下りしたんだ。もう逃げかい?"との印象を市長に持った市民は多いのでは。

都市開発が抱える莫大な借金について市長は『公金投入』の可能性にまで触れたことを見ても、単なるサポートで済まないのは明白だろう。

ポストそごうについて市長は1日も早く明確な指針示せ

そごう撤退について徳島市や徳島都市開発は、そごうなどが入居するアミコビルについて、そごう撤退後、どんな使い方をするか明確に示す必要がある。

こんな定例会見で記者に聞かれたからの話しでは、全く話しにならない。

『今は徳島駅前で商業施設を維持するのに重きを置いている』とのことだが、果たして地下2階から地上9階までのあの広い徳島そごうだ。
この百貨店不況の時代、極めて商圏の狭い徳島に百貨店がくることは考え難い。

そして撤退した百貨店の後の百貨店は運営は相当困難だと聞く。やはり徳島市と都市開発の人脈、知恵だけではなく、広く市民やプロたちの提案を受ける形を取るべきではないのか。

ドラスティックな提案と実現能力が争点の徳島市長選挙を

徳島都市開発、この小さな会社に金融機関の借り入れなど、55億円もの債務がある。徳島そごうには敷金などの返済もある。

市長は『倒産回避のため公金投入は選択肢としてある。現時点では何の検討もしていないが…』と、語ったが、公金すなわち、市民の税金。そんなに簡単なものではない。

ポストそごうの在り方は衰退していく地方都市が再生できるか、せめて現状レベルで踏みとどまれるか、完全に衰退するかしかない。

来年2月は徳島市長選挙もある。ポストそごうがもちろん大きな争点になるだろう。ドラスティックな提案と、それを実現できる候補は果たしているんだろうか。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.