未分類

ヤミルートで中国製コロナワクチンを既に接種?大物経営者ら?

投稿日:

金持ちがヤミルートで中国製コロナワクチン接種?

本当なら嫌な話しだ。
中国国内で認可されたコロナワクチンがヤミルートで日本国内に持ち込まれ、菅首相のブレーンとされる人物や金持ち連中が昨年11月〜12月頃、すでに接種していると、毎日新聞が特ダネで報じている。

まさか中国政府が噛んでいるとは思わないが、もしそうだとしたら日本国内で影響力のある経済人が中国政府に便宜を図ってもらったことにならないか。
いったいどういうことになるのかと、考えなければならない。

都市部では医療崩壊が起こっており、軽症と診断を受けても入院できず、自宅待機しながら亡くなる人も出てきた。ニュースが本当なら不快で嫌な話しだ。

使ったとされるのは有名企業のトップばかり?

毎日新聞の報道によると、昨年11月以降、経済団体の役員を務める経営者や、菅首相のブレーンとされるトップを含む18人が、中国の製薬会社「中国医薬集団(シノファーム)」が製造したものと推定されるワクチンを接種したという。

シノファームのワクチンは最近、中国政府から使用承認が出たばかり。密かに持ち込まれていたようだ。

いずれも日本を代表する金融会社、電子製品メーカー、IT企業など15社の最高経営責任者(CEO)とその家族・知人たちとか。

企業家はともかく亡国の政治家がいないこと信じたい

この記事を読んだ時、さもありなんの話しだと思った。

政府は今のところ3種のワクチン2億数千回分をアメリカのメーカーなどと契約しており、2月末から医療従事者、高齢者、一般の順に接種していく方針を打ち出している。

この中には中国製ワクチンはもちろん入っていない。

毎日新聞の記事を読み思ったのは、金持ちが個人で中国ワクチンを買って接種するのはともかく、まさか政治家はいないことを信じたい。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.