未分類

ユーミン〜デビューから45年。今も昔もあらゆる世代の恋の指南役

投稿日:

ユーミン・松任谷由実さんが、デビュー45周年アルバム「ユーミンからの、恋のうた。」をリリースし話題になっている。

私より一級下。同じ時代を生き、いつもわれわれの人生を東京の女子大生やOLが主人公のような、都会的なJ POPで彩ってくれたことに、心から感謝している。

45年間、女王としてJポップを牽引

1972年、"ひこうき雲"でアルバムデビュー。出したアルバムの数、売り上げ枚数、トップをとった回数、全てダントツのトップ。

何より凄いのはわが国のトップアーチストの地位を、45年間もの間、変わらず持続してきたことだろうね。

アルバム(レコード世代はLP盤と言えばわかるか 笑)の総売上が40周年の段階で3000万枚!

住んでた東京世田谷区の税務署が、「引っ越しはしないでください」と懇願したくらいだから、やはり凄い!

私もLPレコードをたくさん持ってます

こんな恋がしてみたいと、思わせてしまう天才

実家は八王子の呉服屋さんで多摩美大出身のお嬢さん。

歌自体がちょっとお嬢さまっぽい"中産階級"の豊かさに溢れ、羨むというより、ユーミンの世界にみんなが自分を投影してきたのかもしれないね。

男子も女子もこんな恋がしてみたいって。

夫の松任谷正隆さんが「彼女の曲のサビの部分に惚れて結婚した」というように、あのトーンが極端に変わる歌の手法は、誰に真似ができなかった。

天才だろうな。

個人的には①海を見ていた午後②空と海の輝きに向けて③グッドラックアンドグッドバイ④瞳を閉じて⑤12月の雨⑥雨の街を⑦ノーサイド⑧守ってあげたい⑨いちご白書をもう一度⑩卒業写真

が、わたしのベストテン。

というより、全て好きな曲です。

フアンの聖地、ドルフィン再訪

海を見ていた午後の舞台となった横浜山手の喫茶レストラン「ドルフィン」がそう呼ばれています。

実は私は42年前も行ったし、一昨年も40年ぶりに。最初は地元フェリスのねーちゃんの案内。一昨年はオヤジ1人で。

音大の女友だちがピアノで弾き語りをしてくれたのも思いだし、しんみりと。

経営者二代目ともしばし談笑をしました。店内には熟年カップルが2組。これもいい感じでした。

マンションも建ったりして、少しロケーションは変わってましたが、基本同じでしたよ。

ソーダ水の向こうには貨物船は見えなかったけど。

まだまだ良いうたをつくって欲しいですね。

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.