未分類

ワクチン接種率は1%に満たず世界で100位とは完全な途上国

投稿日:

話す度に後ろ倒しとなる河野ワクチン大臣の頼りなさ


わが国のコロナワクチンの接種率は現在、世界で100番目くらいという。グループを見たらほぼアアフリカや南米の途上国だ。
河野太郎ワクチン担当大臣など会見の度に話が違うから、もはやだれも信用していないだろう。

さる1月頃の話しでは本当なら医療従事者は2月に終わるようなことをいっていたが、まだ全体のわずか20%ということだ。

65才以上の高齢者は、これも当初は4月に完了するようなことを言っていたが、この12日から日本のごく一部でスタートするだけ。
その一部の東京東京八王子市は対象が16万人だが、4月はわずかに1000人分。0.6%にも満たない。

6月には高齢者の接種完了と、また大うそになるだろう

これで6月には高齢者は全て完了させたいというのだから、まずあり得ない。東京オリンピックは世界の変異株の見本市みたいになり、8月以降、感染者、死者が続出するような気がする。

日本でワクチンを製造してないからだと、無能政府を庇う声もあるが、ワクチンを製造している製薬会社がある国などアメリカ、イギリス、ロシア、中国など、世界でも数カ国だ。

それで世界で100番目だからいかに厚労行政がお粗末か。ワクチン確保に遅れを取った政府の無力、無策ぶりは厳しく糾弾されるべきだろう。

ワクチン接種これだけ少ない国に、果たして五輪選手は来るのか?

日本全体でまだ1%も満たない。これは国民の抗体率ということを考えば、全く何もしていないのと同じなのだ。

国民の大半がワクチンも接種せず、変異株による第4波が襲う日本に、果たしてオリンピック選手を送り込む国がどれだけあるのか。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2021 All Rights Reserved.