未分類

一般的に女好きは仕事ができる実力派⁈女好きがバレた進次郎氏は?

投稿日:

フリーアナウンサー滝川クリステルを妻に射止めた衆院議員小泉進次郎氏が、実は女子アナキラーで、大変な女好きであることが、文春砲が暴いてしまった。

進次郎氏については、エラい堅物でストイックなイメージが作られていたが、化けの皮が剥がれ、なんとなく世の男はホッとした気分だ。

改めて女好きが脚光を浴びているが、友人、知人にはいわゆる女好きはかなり多い(かった)。

特に私に事件記者としての魂を注入してくれた2人の先輩は無類のと形容しても間違いではない。

また後輩にも数人、これは無類だというヤツがいた。
女好きの連中に共通するのは、仕事にも全力、女性には無条件で優しいということだ。

週刊文春吊り広告

仕事のよくできる男は総じて女好きは間違いない!

ある後輩に聞いてみたら『起きてる時間の80%は女のことを考えてます』と言ってたから、アタマの中は大変なことになっていたと思う。

女好きの男の名誉のために言うと、知る限り例外なく仕事はできたし、男っぷりも良い。

全く遊ばない、嫁のみという先輩や後輩ももちろんいたが、残念ながら仕事はできない。パワーを感じない。存在感も希薄だった。

だから貴女の周りで仕事のできる男がいたら、まず女好きと、世の女性には断言しておく。そうした男を夫とするか否かは難しいところですが…

サラリーマンなら島耕作などその最たるものじゃないのかな。

あと女性に伝えておきたいのは、女好き=仕事ができるんだけども、商売でただあぶく銭を持ってるヤツは要注意。

カネの力でしか女性を振り向かせることができないヤツは、論外。

私は進次郎氏は取り立てて評価はしていませんが、恐らく出世するでしょうね。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.