未分類

不正追及した日本郵政役員に暴力団と同じと言われたNHK記者の誇り

投稿日:

不正を追及されたヤツに『NHKは暴力団と同じ』と言われるのは光栄

日本郵政グループが行なってきた生命保険の不正販売は、同社を揺るがす大スキャンダルになっている。
そもそもこの重大な問題を昨年4月、初めて報じたのはNHKのクローズアップ現代プラスだ。まさにNHKの特ダネだったわけだ。

1年経ってから全てのマスコミが一斉に報道、日本郵政傘下、かんぽ生命は社長ら幹部が大規模な不正を認め謝罪した。

クローズアップ現代放送から1年経って新聞も追及。謝罪するかんぽ生命役員ら


そしてこの番組に不当な抗議をし、番組の続編を延期に追い込んだ総務官僚出身の日本郵政副社長が、当時のNHK記者の取材に対し『暴力団と同じやり方』などと抗弁したことが、顰蹙を買っている。

かんぽ不正を暴いたせっかくの特ダネ、まさか謝罪とは

当時、この番組に日本郵政側がNHKの経営委員を介し激しく抗議した。
これ自体、あってはならないことだが、コーポレートガバナンスが効いていないなどと追及されたNHKがなんと逆に日本郵政側に謝罪し、続編番組の放送を断念していたというから呆れる。

1年後、全てのメディアが報道したことでクロ現の取材の正しさが証明された。NHKのバカ幹部は現場に顔向けできるんだろうか。

いかにもNHKらしいが、現場がいくら頑張っても、こうした形で圧力に屈してきたのがNHKだった。
報道機関としての完全な自殺行為だが、なぜNHKは日本郵政にここまで弱腰姿勢を取らざるを得なかったのか

簡単に圧力に屈したNHK上層部はだれに忖度したのか

この問題の登場人物を見ていくと、例によってNHKがやはり忖度したのではとの人物が誰でも浮かぶ。

そしてその忖度されたとみられる日本郵政の鈴木康雄副社長が、NHKの取材姿勢に対し、
『まるで暴力団と一緒。殴っておいて、これ以上殴ってほしくないならやめたるわ、俺の言うことを聞けって。バカじゃねぇの』
と記者団に語ったという訳だ。

NHKは暴力団と同じと、日本郵政鈴木康雄副社長


圧力はまず経営委員に。そして経営委員からNHK上層部に。そして謝罪と続編延期への展開となった。

そして経営委員に意見したこの副社長こそ元総務省(旧郵政出身)事務次官。現役時代はNHKを監視、監督する立場にあった。
今回のNHKの対応はこの副社長の経歴に恐れをなし、忖度したのだろう。情け無い話しだ。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.