未分類

世界の評価低い日本のコロナ対応。強制なく厳格さに欠けると

投稿日:

地球グローバル化で世界が互いを見ている

これだけ地球が狭くなりグローバル化してくると、自分の国だけが良かったらとか、他国を顧みない独自のやり方は世界の中で通用しないし、批判を浴びることもある。

とりわけ地球規模の感染症となった今回の新型コロナウイルスに対する対応は、全ての国、政府が全力をあげなければならない。

ウイルスに国境はない。できていないケースはどこの国であっても国際的に非難、批判されても仕方がないだろう。ひとつの国の対応の悪さが、感染の拡大に繋がるからだ。

諸外国から極めて評価低い日本の緊急事態宣言

今回の緊急事態宣言発令は、他国からの評価は極めて低い。
フランス紙フィガロは『日本の緊急事態宣言は、実際は見せかけだけ』と、手厳しい。

同紙は安倍首相が参院決算委員会で、フランスのようなロックダウン(都市封鎖)はできないと述べたことを紹介している。
『日本では在宅を強制されない。自粛要請に従わなくても企業は処罰されない』と。

また自動車や航空産業が集中する名古屋周辺(愛知県)が対象地域に含まれていないことにも首を傾げた。

日本のクラスター対策の限界を指摘

ロイター通信も「日本では自粛要請に罰則はない。多くの国のロックダウンの厳格さとは異なるようだ」と報道。さらに非常事態宣言の対応は遅すぎたーと問題視した。

またAP通信は、日本は大規模な検査の実施よりもクラスター(感染者集団)対策を重視してきたと指摘。
日本が取ってきた戦略は困難さを増している』と言及した。

またコロナウイルスの封じ込めに成功した台湾は『ほかの国と比べ、日本の緊急事態宣言は都市閉鎖もなければ罰則もない』と、やはり緩さを指摘し、効果のほどに首を傾げた。

世界最強の米国CDCも封じ込めに完全に失敗した

もちろんアメリカのメディアは日本のコロナ対策を批判しているが、米国は感染者、死者の数で世界最悪になっている。

世界に誇った疾病対策センター(CDC)による封じ込めは完全に失敗し、収束の兆しは全く見えないからだ。

他国に指摘されるまでもなく各種報道を見る限り、外出自粛の効果は首都圏のターミナル駅周辺では40〜50%ほどは減っている。

しかし政府が呼びかけているように『人との接触を70〜80%減らす』には至っていない。とにかく人に会わないことしかないのか。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.