未分類

今度は仲良くしたい渋沢さん。早稲田OBゆえ、諭吉には嫌われたんだ

投稿日:

 

1万円に相応しい渋沢栄一

私は福沢諭吉さんにはあまり好かれていなかったから、彼がうちに遊びに来ることは少なかった。恐らく私が早稲田OBだからと思う。
1万円札が大隈重信先生に変われば…と、思ったこともあった。

そんな訳で2024年から1万円はじめお札のメンバーがゾロ替えになるのはわたしは歓迎する。

左から渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎

 

1万円は残念ながら大隈先生ではないが、渋沢栄一(しぶさわ えいいち1840ー1931年) は日本の資本主義の父と言われた。
元武士だが明治維新後は官僚、実業家として第一国立銀行や東京証券取引所、一橋大学、東京経済大学など企業や学校を設立した。
お金という意味では1万円に相応しい人だ。今度はぜひとも仲良くして欲しい。

女性では3人目の津田梅子

5000円札は津田梅子さん(つだ うめこ1864ー1929)。日本の女子教育の先駆者。女子英学塾(現在の津田塾大学)創立者だ。
女性では明治時代の神功皇后(じんぐうこうごう)現在の樋口一葉に次ぐ3人目のお札。津田塾は大学もOBも沸いているだろう。

そして一番、馴染みのある1000円札は医学者で世界的な細菌学者だった北里柴三郎さん(1853ー1931)貴族院議員も務めた。

なぜ今、変更かはよくわからないが、大方、令和を記念したんだろう。新しいラインナップには日本経済のため、頑張って欲しいものだ。

聖徳太子が…とか、諭吉が何人とか、その時代に定着し、愛された?が、今度は『渋沢が…』とか、言われるんだろうな。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.