未分類

他人に因縁つけるのが仕事みたいなゲスヤローは、確かに存在する

投稿日:

 

あおり運転しては因縁。決してヤクザには絡まない

他人に喧嘩を売るのを商売みたいにしている最低のゲスヤローが、こうして普通に世間を徘徊していると思うとゾッとする。
こういう輩は相手が自分より強いか弱いかを瞬時に判断する変な才能がある。で、弱いとみると難癖をつけてくる。メンチ切ったとか因縁つけてくるヤツはこの典型。決してヤクザには絡まない。

昔から結構、こんな輩は存在したが、社会の一員として認める訳にはいかないだろう。

死亡事故誘発はあおりと因縁繰り返した結果だ

神奈川県内の東名高速で、あおり運転で停止させられ、因縁をつけられた夫婦が、トラックに追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)に問われている福岡県中間市、石橋和歩被告(26)の裁判員裁判が続いている。

付き合っていた女性らの証言から被告のまともじゃない破綻した人格が次々と浮き彫りになってきた。

彼女が知ってるだけで10回はあおり運転をしているというから、因縁つけるための自動車運転だったのかもしれない。

こうした人物に免許を取らせない方法はないものか

普通、子どもが同乗している普通の夫婦に、暴力的に因縁つけるなど、チンピラでもあり得ない。
それが高速道路上なら何が起こるか分からないし、死と隣り合わせの犯行であることは、バカでもわかる。

裁判では初めて被害者への謝罪のことばを述べたが、罪を軽減してもらうためのもので、心から反省していないとの見方も強い。
遺族となった子どもたちに手紙を書いたものも出されたが、なんだかなぁというのが感想だ。

こうした人間に免許を取らせないよう、事前に人格を見破る方法はないもんかと、いつも思う。

それと夫婦の死亡事故に繋がったトラブルから二か月後、またあおり運転しドライバーに因縁をつけていたことも明らかになったが、何故二か月後もこいつがまだ免許を持っていたんだと思う。
いつか刑務所を出てくるんだろうが、二度と免許は取れないようにして欲しい。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.