未分類

僕たち世代にとって大切なシンガー、森田童子さんが亡くなった

投稿日:


『ぼくたちの失敗』の森田童子さんが亡くなっていた


シンガーソングライター、森田童子さんがさる4月24日に亡くなっていた

ドラマ『高校教師』の主題歌『ぼくたちの失敗』が大ヒットしたが、実はこの歌は1976年のもので、このドラマがヒットした時はすでに引退していた。

全くの同世代。

大学では学園紛争が吹き荒れた時代。森田さんら東京の高校生たちは、たくさん政治的な影響を受けたのだろう。

友人が逮捕されたのをきっかけに、パッと高校を中退してしまった。


私は"みんな夢でありました"が一番だ


デビュー曲は亡くなった友人のことを歌った『さよなら僕の友だち』

学園紛争の挫折感を歌った

『みんな夢でありました』

私はこの歌が一番、カラダと心にしみます。

女子高の生物の教師に真田裕之、その禁断愛の相手の女子高生を演じたのが桜井幸子。このドラマ『高校教師』の主題歌となった『ぼくたちの失敗』は、ドラマの人気とともに、大ヒットしたのは記憶に新しい。

あのドラマの禁断感を森田童子の気だるい歌が余計にあおり、乾いた隠微な雰囲気もかきたて、オヤジも女子高生も夢中になった。

ドラマと主題歌がひじょうにマッチして成功した例ですね。

しかし女子高には桜井幸子のような生徒がいるとしたら、われわれは絶対、教師になってはいかんかったよなと、話しは盛り上がったものだ。

高校教師の最後…心中だった


われら世代の大切なシンガーだった


われわれフォーク世代がこっそり大切に聴いていた森田童子が、一躍メジャーになってしまった感があった。

引退後はもちろん新しいアルバムもなかったが、私は途切れることなく、夜中にひとりで聴いていた。

心からご冥福を祈ります。

みんな夢でありました

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.