未分類

全上場企業からの最高の評価は北大、横浜国大、名古屋大だった

投稿日:

日本の全上場企業などが採用実績から判断し、最も評価が高かったのは北海道大学だった。2位は横浜国立大学、3位は名古屋大学。意外というか当然というか、東大、早稲田、慶應はベスト10には入れなかった。世間のネームバリューと企業の評価はどうも違うようだ。

上から北海道大学、横浜国立大学、名古屋大学

全上場企業など4814社が、学生と大学を評価

日本経済新聞と就職・転職支援の日経HRが調査した。対象は全上場企業と一部有力未上場企業4814社。

2018年4月~20年3月の2年間で新卒社員として採用実績のある大学を人数の多い順に10校まで挙げてもらい、「学生のイメージ」と「大学の取り組みへのイメージ」の2つを聞いた。かなり大規模な調査となったようだ。

各大学の学生のイメージについては「行動力」「対人力」「知力・学力」「独創性」の4つの側面で。より多くの学生を評価するため、19年と20年の調査を合算して集計した。

ベスト10は全て国立大学で東大、早慶は外れる

それによるとベスト10は①北海道大学②横浜国立大学③名古屋大学④京都大学⑤東北大学⑥広島大学⑦東京工業大学⑧九州大学⑨筑波大学⑩大阪大学、一橋大学となった。

ちなみに東大は14位、早稲田12位、慶應15位と、ベスト10から漏れた。これでももちろん立派な高い評価だが、ネームバリューほどではなかったかもしれない。

北大は行動力、対人力でトップ、名大は知力・学力高く

総合ランキング1位の北大は「行動力」「対人力」で1位、「独創性」で2位。2026年の創基150周年に向け、国際社会で活躍できる人材の育成を整備しているが、早くも実りつつある。
具体的には実践的英語力育成や海外留学、フィールドワークなどで協調性やリーダーシップを養う特別プログラム「新渡戸カレッジ」を始動している。

総合2位は横浜国立大学、3位は名古屋大学だが、横浜国大は「行動力」「対人力」で2位、名大は「知力・学力」が2位だった。

北大の高い評価は自然豊かなキャンパスの素晴らしさも関係しているのかもしれない

雇用を増やしたい大学はトップ福岡工大、2位文教大

"採用を増やしたい大学"では福岡工業大学が1位、文教大学が2位。ともに知名度は高くないが、人事担当者の目に止まったようだ。


福岡工大(写真)は『素直な学生が多く入社からの成長が早い』。文教大学は『真面目な人が多く、人の育成や管理に適した人材だ』と評価された。

3位に入った国立の宇都宮大学は総合でも19位に食い込む健闘ぶり。『我慢強く、誠実に物事に向き合う』との、学生や大学にとって誇らしい評価となった。

注目している大学はトップ国際教養大学、2位が立命館アジア太平洋大学で、ともに国際性が関心を集めた。

今回の調査結果は、良い人材を求める企業にとって大いに参考になるだろうし、大学自体が教育内容を見直すきっかけにもなると考える。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.