未分類

内田裕也さんと何故か徳島で飲んだ夜。樹木希林さんの訃報で蘇る

投稿日:

なぜ夫婦だった?樹木希林さんと裕也さん


樹木希林さんとロックンローラー内田裕也さんが夫婦であることは、ずっとしっくりこなかった。どうこでどうやって知り合い、結婚までに至ったのか。

ちょっと調べてみたら、悠木千帆時代の1973年、ある番組で知り合ったムッシュかまやつさんが、紹介したとか。

しかしせっかく結婚したのに同居したのはわずか1年半。1981年には夫の内田さんが樹木希林さんの合意なしに離婚届を。裁判により認められなかったから、戸籍上はずっと夫婦だった。

2人の別居理由は内田さんのDVと噂されたが、真相は不明。

裕也さんと徳島のスナックで遭遇


実はロックンローラーの裕也さんとは一度、徳島市秋田町のスナックで偶然、遭遇したことがある。やはり独特の風貌で、一瞬で裕也さんとわかりました。こちらは2人でしたが、なぜか店にはひとりで。ロックンローラーらしくウイスキーをロックでやってました。

ちょうどお嬢さんの也哉子さんと、モッくんこと本木雅弘さんが結婚した直後だから1995年のこと。

『お嬢さんとモッくん、この度はおめでとうございました』と、私がいきなり話しかけたら、『ありがとうございます』と。一挙に距離が縮まりカウンターの隣に座りました。

私の話に何度も『それマジ⁈』と


ロックの話し、グループサウンズ時代の『内田裕也とザ・フラワーズ』の話し、裕也さんが脚本を書き主演を務め評判となった映画『コミック雑誌などいらない』の話しなど、昔話しをいろいろと。

『良く俺のこと知ってくれてるねぇ。嬉しいなぁ』と、たいそう喜んでくれました。

結局、だれと待ち合わせるでもなく、初めて入ったという店ではずっとひとり。不思議な人でした。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2018 All Rights Reserved.