未分類

北アルプスの山々を望む西穂高で平成の終わりを迎えることができた

投稿日:

 

素晴らしい天候で北アルプスの大パノラマを

"さようなら平成"を北アルプス穂高連峰で迎えることができました。
この朝、北アルプスは前日の吹雪と打って変わり、薄い雲もところどころあるものの感動的な青空が広がっていた。

気温はマイナス2°だったが、日差しはあり風もなく、全く寒さは感じない。
岐阜県高山市側から新穂高ロープウェイで上がった西穂高岳千石尾根の展望台(標高2156m)からは、本当に間近に穂高山系や槍ヶ岳、焼岳など3000m級の雄大な山々を望むことができた。

 

ロープウェイは名鉄グループの奥飛観光開発が運営し、新穂高温泉から西穂高岳への岐阜県側からのアクセスを担う。
第1ロープウェイと第2ロープウェイがあり、第2ロープウェイは日本初の二階建て構造のゴンドラのロープウェイ。2階部分に乗ってみた。

展望台のある西穂高口駅は西穂高岳の登山口であり、上部の稜線上にある西穂山荘への登山道が通じている。
ここから西穂高の頂上を目指すアマチュア登山家もいた。

しかし2000mを超える高所に4階建ての展望台。どうやって機材を運んだんだろうかと思う。
恐らく機材運搬用のロープウェイを先に建設し西穂高口から上げたんだろうが、1年の半分以上は深い雪だ。難しい工事だったと推測した。

環水平アークを目撃

わずか5分間、ロープウェイに揺られるだけで、あっと言う間に雄大な山々の大パノラマが目の前に広がった。
そしてこの日(4月28日)驚いたのは北アルプスに水平に伸びる美しい虹を見たことだ。

今日4月28日(日)午前、西日本や東日本では上空に薄雲がかかり『環水平アーク』と呼ばれる虹や『幻日環』という大気光学現象が見られた。

 

虹といえばアーチ状に現れるものなのに、水平の虹に目撃した人たちはびっくりしていた。
太陽が高く昇る時期、時間帯と大気の特別な状態の時だけ見られる現象。二度と見ることはないだろう。なんだか得した気分だった。

あと奥飛騨から登山道に入る付近には1000を超える露天風呂が点在する。分かっていればバスタオルを持参するんだった。

もりもと なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.