未分類

半沢直樹出演の女優さんが急死。将来あるのに余りに切ない

投稿日:

今をときめく『半沢直樹』で役をもらったのに…

ほんの端役でも、今をときめく『半沢直樹』で役をもらうことは、若い役者さんにとったらとても誇り高いことだっただろう。

先日、16日放送の5回目のシリーズに、"やる気のない女性事務員役"で出演していた女優の階戸瑠李(しなとるり)さんが、自宅で亡くなっていたのが見つかった。
まだ31才。上智大学を出て女優となった。これからさらに飛躍していくであろう女優さんだったと思う。

短い場面だったが良く覚えている彼女の演技

半月前の彼女が登場したシーンを覚えているだろうか。

帝国航空のある幹部が不正に架空発注している『丸岡商工』に半沢が乗り込んだ時、事務所の電気も消してひとりデスクにいた、事務員が彼女の役どころ。
いかにもペーパー会社という怪しい事務所だった。半沢と2〜3言葉を交わしたが、渦中の社長の所在を半沢に教え、喜んだ半沢が飛び出ていった…
もちろんちょい役だったが、ひとり架空のペーパー会社で留守番をする気怠い姿は名演技だったと思う。

階戸さんが出ていた場面

今後が大きく嘱望された女優さんだった

今、半沢では国土交通大臣役の江口のりこがブレイクしている。
階戸さんも事務所が今後を期待した女優さんだった。近日公開の『東京の恋人』にも出演していた。
前日まで、自身のSNSで楽しい話しを更新していた。死因は持病の発作かららしい。あまりにも儚く切ない。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.