未分類

半沢直樹明日最終回。箕部幹事長失脚⁈次回作期待のエンディングか

投稿日:

半沢直樹の最終回の顛末がどうなるのか、ネットで大騒ぎになっている。
私が思うに、当然、ファンの視聴者にストレスを残して終わる訳はない。
そしてあまりのハッピーエンドでは後に第3作がないのか?と、これも視聴者を落胆させる。

原作を読んでも最終回の予測は不可能だ

今、本屋で原作を買って貪るように読み、最終回を予想しようとする人も多い。しかしドラマは既に完全に一人歩きしているのだ。
恐らく原作では結末のストーリーの予測は不可能と言っておく。

ファンが期待するのは悪徳幹事長箕部の失脚だ

私もそうだがファンが一番、期待しているのは、政権政党の悪徳幹事長箕部(柄本明)の利権を巡る不正を、白日の元にさらすこと。
さらに東京地検特捜部あたりに引っ張られないか?との期待だ。

この辺りのカギは何故かライバル関係にあった半沢と金融庁の検査官黒崎(片岡愛之助)が、悪を成敗するとの一点で友情が芽生え、タッグを組んだことだ。

私はさらに、箕部の政治的圧力で、黒崎が金融庁から国税庁へ左遷されたことにも、期待している。なぜなら政治家の金銭スキャンダルは全て国税がカギを握る。検察庁が事件化するのは大半が、国税からの告発が元になるからだ。

その意味で黒崎を国税庁へ左遷したのは、箕部の大失敗だろう。第9話で黒崎は『桃太郎』の歌を歌いながら再登場した。

白井(江口のりこ)は最後にキレる⁈

あと、箕部の操り人形のような白井国交大臣の動きも注目だ。本来、脇役で、恐らく最終回の登場はなかったのでは?しかし白井役の江口のりこが変にブレークしてしまった。プロデューサーとしては当然、彼女の取り扱いも大切だ。

予告編では白井は最後にキレるようだが、恐らく箕部に反旗を翻し、彼が大切にしている盆栽を床に叩きつけるくらいはするだろう。

頭取は北大路欣也だから悪には屈しない

中野渡頭取(北大路欣也)、大和田(香川照之)の動きはどうだ。2人は箕部に魂を売り渡したのか。私は絶対、それはないと思う。なぜなら例えドラマでも生涯、二枚目役しかしていない、ヒーロー役しかしたことがない北大路欣也が、悪に屈するわけはないからだ。

そして皆さんが指摘したように大和田は半沢に土下座を強要しながら、目には涙を溜めていた。
この涙もヒントのような気がする。

第3作に続くエンディングとなりますように

最終回の最後の最後は何年後か大和田が頭取になり、半沢に辞令を渡すところで終わるとの話しもある。恐らく不本意な異動でまた倍返しを誓う…ならさらにシリーズ第3作があるのか。全ては明日、日曜日に分かる。

もりもとなおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2020 All Rights Reserved.