未分類

反社会的犯罪者集団の忘年会に出ても、知らなかったで済むのか

投稿日:

今、日本一の反社集団は振り込め詐欺グループだ

今、日本社会で最も反社会的犯罪集団のひとつは、背後に暴力団が控えるケースが大半のおれおれ詐欺、いわゆる振り込み詐欺グループだろう。

どれだけたくさんのお年寄りを騙し、絶望の淵に立たせているか。絶対に許してはならない犯罪だ。

この詐欺グループの忘年会にもしテレビで活躍している吉本興業のタレントが、個人とはいえ出席していたとしたら、由々しき問題だ。

テレビ局だってこうしたタレントを分かって使うのは、反社会勢力に加担すると言っても過言ではない。スポンサーしかり。

反社会勢力との交際、言い訳通じない

それ以上にこうしたタレントをテレビで見せられる視聴者としては、極めて不愉快だ。
暴力団との交遊が明らかになり、自ら芸能界から去った島田紳助の教訓は、吉本興行では果たして生かされていなかったのか。

吉本興業所属のお笑いコンビ・カラテカの入江慎也(42)が、今月4日付けで所属の吉本興業から契約を解消された。
事務所を通さないいわゆる"闇営業”で、振り込み詐欺グループの忘年会に参加したほか、吉本の所属の人気タレントを仲介したことが写真週刊誌フライデーに大きく掲載されたためだ。

フライデーによれば、ロンドンブーツ1号2号・田村亮、雨上がり決死隊・宮迫、レイザーラモンHGら、同社の人気芸人が2014年12月、後に大量逮捕となった『大規模振り込め詐欺グループ』の忘年会に出席。そしてその仲介役が入江だったことを報道。

吉本興業が聞き取りをしたところ、入江が仲介の事実を認めたため、契約解消にした。事実上の解雇は間違いない。
さらに忘年会への出席は、会社を通さず直接ギャラを受け取る“闇営業”だった。

振り込め詐欺集団、一目で怪しいと感じないか?

入江は自身ツイッターで"相手が振り込め詐欺グループとは知らなかった"と釈明している。

しかし詐欺グループ、見ただけで怪しげなクズと思わなかったのか?
さらにその50人程度の忘年会だ。ギャラが100万円なら普通のアタマなら不信感を持つだろう。

入江に誘われ出席した連中はいずれも厳重注意のようだが、余りにも処分が甘いと言わざるを得ない。
しばらくテレビに出さないことを望むし、スポンサーも厳しい対応を。

もりもと  なおき

  • この記事を書いた人

morimoto_ naoki72

森本 尚樹 早稲田大学卒。元新聞記者。約20年間、県議会議員を務めました。現在は福祉関連の会社の参与と在京シンクタンクの研究顧問

-未分類

Copyright© 森本尚樹の"社会面の作り方" , 2019 All Rights Reserved.